最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

GLIM SPANKY「趣味やマニアックな部分をフィーチャー」ニューアルバム『BIZARRE CARNIVAL』リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GLIM SPANKYのお二人が、9月13日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、この日リリースされたニューアルバム『BIZARRE CARNIVAL』について聞きました。



「洋服の色がたまたま被ってしまった!」というGLIM SPANKYのお二人

――ニューアルバム『BIZARRE CARNIVAL』リリース!

とーやま校長:“BIZARRE”とはどういう意味なんですか?

レミ:奇妙な・ヘンテコなとかですね。フリークショーとか見世物小屋っていうイメージで、ストレンジではないんです。ただ壊れているとか変なっていうイメージじゃなくて、ちょっと闇があるというか。摩訶不思議みたいなイメージがあるので『BIZARRE』という言葉にしました。そして、『CARNIVAL』っていう『お祭り』っていう言葉と合わせて、いろんな音楽を詰め込んだ奇妙なお祭りがやってきますよっていう意味を込めたタイトルにしました!

とーやま校長:アルバム2曲目の「BIZARRE CARNIVAL」にもその雰囲気がめちゃくちゃ詰まっているし、アルバム全体にもありますよね!

レミ:そうですね。ちょっとサイケで歪な感じにしました。

とーやま校長:まず、ジャケットがめっちゃカッコイイですよね。部屋に飾りたいって思わせるジャケットじゃないですか?

亀本:ありがとうございます。飾ってほしいよね。なんならLP盤にしたいもん。

とーやま校長:まだLP盤を出す予定はないんですか?

レミ:ないんですよ。レコード会社にはLP盤作りたいってめっちゃ言ってます。

亀本:CDがある程度売れれば出来ると思います。買ってくれ(笑)。

とーやま校長:レミ先生の話からサイケ(デリック)って言葉がでましたけど、今回のアルバムはそれがより色濃く出ていないですか?

レミ:そうですね。1枚目と2枚目のアルバムは、“GLIM SPANKYは二人組のロックバンドだよ”っていうのを紹介できる自己紹介盤にしようと思っていたので、自分たちがやりたいロックをシンプルにやったんです。3枚目となると自己紹介も終わったので、もっとより深い部分にみんなを引き連れて行こうっていうことになって、趣味の部分やマニアックな部分をフィーチャーして作りました!

とーやま校長:そうなんだ。僕や上の世代のおじさんからしたら「よく背負ってやってくれた!」っていう感覚があると思います。今の10代のみんなからしたら、めちゃくちゃ新しい音楽として聴こえることもあるんじゃないかな。

亀本:そうですね。そう聴いてもらえたら嬉しいです。ビジュアルがすごく派手で、サウンドもバキバキのイケイケシンセとかめちゃくちゃ重たいキックドラムとかが入っているわけではないですけど、色んなエフェクトがかかっていたり面白い音が入っていて、音だけを聴いてもエンタメ性が楽しめる音になっているんですよ。そういうノリでもいいから、面白いと思って入ってもらえたらいいなと思っています。

とーやま校長:重たい一撃の曲もあれば、6曲目の「END ROLL」のような、どんどん前につんのめっていく様な踊れる曲もあったり。8曲目の「ビートニクス」のギターなんて、ずっと鋼ぶっ叩いているんじゃないかってぐらいで、ソロとかも最強じゃないですか!

亀本:うれしい! ありがとうございます! 頑張って弾いた(笑)。

レミ:20テイクぐらいしてもらったもんね。

亀本:収録されているのは最初の方に弾いたテイクなんですけど、そのテイクは僕の中ではちゃんと上手くフレーズを考えて弾いたっていうよりは、“これは二度と弾けないかもしれない、天才的なニュアンスが出ているな”っていうテイクだったんです。それでレミさんに「このテイクがいい」って言ったんですけど、レミさんの中では一つ気に入らないフレーズがあったらしくて。秒数にしたら1秒あるかないかくらいなんだけど、そこの1ヵ所だけフレーズをちょっと変えて録ったりして、なんとか完成したっていう渾身の一作だよね。

レミ:そうですね。



――ツアー「BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018」開催!

とーやま校長:10月14日の長野・CLUB JUNK BOXを皮切りに、2018年1月5日、6日の東京・新木場STUDIO COASTまで! もうリハとかはやっているんですか?

レミ:全くですね。まだノープランの状態です。でもアルバムがサイケデリックな感じだったり大きな会場で2デイズとか出来るので、照明とか映像とかにもこだわって前回のツアーよりもステップアップしたライブを見せられたらなと思っています。やっぱりロックのライブなので、自由っていうのを私たちはテーマにしているんですよ。だから拳を上げてノッていても良いし、腕を組んで目を瞑って聴いていてもいいし。それぞれの楽しみ方で楽しめる、器のでかいライブをしたいなと思っているので、フリーな空気を私たちは作れたら良いなと思っています。

とーやま校長:さらに、新木場STUDIO COASTのライブの翌週には、香港と台湾でのワンマンも控えているんですね。海外でのワンマンは初めてですか?

レミ:そうですね。ワンマンは初めてです。

とーやま校長:前から海を渡りたいなっていうのは思っていたんですか?

レミ:はい。メジャーデビューする前、事務所の社長に「私たち、日本だけじゃなくて全世界で活躍できるロックバンドになりたいんで、そういう夢を一緒に持ってくれる事務所なら契約します」って言って契約したので、最初からそういう野望を持っていました!

とーやま校長:とんでもなくでかい野望を持っていたんですね!

レミ:お客さん誰もいなかったのに、言い続けてましたね。

あしざわ教頭:前に、自分の野望をノートに書いているってお話しされていましたもんね。

レミ:そうですそうです。高校くらいの時に計画表を書いて、『高校3年生で憧れの東京。下北沢でライブをする』とか、『大学4年生でメジャーデビューをする』ってところまで書いて終わっているんですけど、それまでは全部書いた通りに進んできていますね。
そこから先はもっと大きな目標を立てているんですけど、自分で制限をしたくないので大まかな目標にしています。いまだに枕の所に貼っているんですよ。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年9月21日AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月~木曜 22:00~23:55
金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス