最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ちゃんとした男子と出会いたいのですが、どうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「チャラい男子しか、わたしに言い寄ってきません。友だちはまともな彼とつきあっています。どうすればまともな彼氏と出会えるのですか?」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。



■ ■まともな男子って、どんな人?

まともな男子というのが、どのような男子のことなのか、よくわからないです。一部上場企業に勤務している男子のことを、まともな男子と呼ぶのでしょうか? 上場企業に勤務しているチャラそうに見える男子だっていますしねえ。中小企業に勤務している男子のなかにも、きわめてマジメな人って、いますしねえ。

たとえば、女と見たらすぐに口説いてくるような男子とか、酔うとすぐに「したがりさん」になる男子、つまり女子から見て誠実さに欠ける男子のことをチャラい男と定義し、そうではない男子のことをまともな男子と呼ぶのであれば、答えはすごく簡単です。

あなたがまともな生活をするといい、ということだけです。

**

まともに暮らしているのに、チャラい男しか寄ってこない。ああ、わたしの人生はどうなっているのだろう? 見ていると、こういうふうにじぶんのことを考えている人って、案外多いように思います。

でもね、そういう人ってどこかしら、チャラい男がつけこんでくる隙のようなものを持っているのです。と言うと、かならず「わたしに限って、そんなことはない」と怒り出す人がいます。が、やっぱりなんらか、チャラい男が言い寄ってくる隙を持っているから寄ってこられるのです。

詐欺とおなじです。たとえば投資を語った詐欺。詐欺に引っかかるおじいちゃんやおばあちゃんは、堅実に貯金をし、まともに暮らしています。若い人とちがって、高齢者はたとえば「正確な情報といえばNHK」と信じている人が多いので、ちゃんとNHKの受信料を支払って、食事は近所のスーパーマーケットでできるだけ安いものを買い、それはそれはまともな暮らしをしています。

が、詐欺に引っかかります。なぜ?

■ ■恋愛にまつわる「すごく大切なこと」

よくよく、詐欺に引っかかった人の話を聞いていると、「(ほんのわずかでも)この話に乗ると儲かると思った」と言います。この「ほんの少し」の欲を「発見」し、そこにうまくつけこんでくるのが、詐欺師です。
恋愛も同じです。たとえば誰だって、ときにはハメを外して遊びたいと思っているでしょう。そういう「誰もが持っている欲望」の場所を察知し、そこにつけこむのが、チャラい男です。

そういう男子に引っかかることなく、まともな男子とつきあっている女子は、チャラい男がいる場所に出入りしていなかったりします。あるいはそういう男子と運悪く(?)合コンなどで一緒になっても、連絡先を交換しないなど、どこかしらガードが堅いものです。

**

恋愛は目に見えないものによって支配されています。心の中がホントに品行方正なのか、じつはチャラいのか、ということは、目に見えません。

心のなかを品行方正に、美しくしておこうと思えば、日々の暮らしから、つまり目に見えるところから、正しくしておく必要があります。

たとえば、コンビニの弁当ばかり食べないとか、トイレ掃除を毎日やるとか、立派な人格をお持ちのかたはみなさんそうやって、細かなところをまず、きちんとしているのです。

もっと言えば、日々じぶんの人格を高めるなにかをする、ということです。あなたの周囲の「きちんとした」お友だちはきっと、人格を高めるなにかをしているはずです。こういうことって、おおむね他人に言わないことです。友だちに向かって、「わたしさあ、今朝もトイレ掃除してきたの、なぜなら人格を高めたいから」なんて、ふつうは言わないでしょ?

おおっぴらに語られないことに、恋愛にまつわる「すごく大切なこと」が隠されているのです。(ひとみしょう/文筆家)
(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス