最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

漆黒の“国王”ヒーロー・ブラックパンサー&親衛隊ナキア(ルピタ・ニョンゴ)が大活躍 『ブラックパンサー』日本版特報映像が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月1日公開の映画『ブラックパンサー』から、日本版予告が公開された。

映画『ブラックパンサー』は、スーパーヒーローであるアイアンマン、キャプテンアメリカ、アベンジャーズなどのマーベルコミックス作品を実写映画化するプロジェクト“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”のひとつ。主人公・ブラックパンサーは、2016年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に初登場。キャプテン・アメリカの持つシールドと同じ金属・ヴィブラニウムからなる漆黒のスーツを身にまとい、驚異的な戦闘能力で鮮烈なデビューを飾った。超文明国ワカンダの国王でありながら、ヒーローとして活躍する異色のキャラクターでもある。

初の単独作となる映画『ブラックパンサー』では、超文明国ワカンダの国王であった父を亡くしたティ・チャラことブラックパンサーが、新しい国王として、ヒーローとして活躍する姿が描かれる。また、劇中では、世界中が狙う、ワカンダが有する重要な秘密も明らかにされていく。ブラックパンサーは秘密を守るために世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦う、スパイ映画の要素を盛り込んだアクション・エンターテイメント作品に仕上がっているという。


解禁された特報映像の冒頭では、赤いはずのMARVEL STUDUOSのロゴがブラックとなって出現。闇夜に紛れたブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)がアクロバティックな動きで車を吹き飛ばし、銃弾を全く苦にせず敵をなぎ倒していく。そのほか、華麗な棒術で戦うティ・チャラの親衛隊ナキア役ルピタ・ニョンゴも登場するなど、生身のアクション満載の映像となっている。また、「世界は彼の秘密を狙っている」と、同作のスパイ映画要素を強調するかのようなテロップにも注目だ。

映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日(木) 全国ロードショー。
作品情報 映画『ブラックパンサー』
原題:Black Panther
監督:ライアン・クーグラー( 『クリード チャンプを継ぐ男』 )
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル B.ジョーダン、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキス、フォレスト・ウィテカー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther.html
(C)Marvel Studios 2017

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス