最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『麗しのサブリナ』オードリー・ヘプバーン着用ドレス、10月にLAでオークションに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 往年の大女優オードリー・ヘプバーンが1954年のビリー・ワイルダー監督作『麗しのサブリナ』で身に着けていたアイコニックなホワイトドレスが、米ロサンゼルスで現地時間10月7日にオークションにかけられるという。

【関連】『麗しのサブリナ』フォトギャラリー

Us Weeklyによると、『麗しのサブリナ』を象徴する花柄の刺繍が施されたホワイトドレスは、2016年12月に急逝した女優キャリー・フィッシャーとキャリーの母で女優のデビー・レイノルズが所有していたプライベート・コレクションの一部。2人の遺品が整理され、10月7日から3日間で競売にかけられる。

オードリーは撮影に入る前に、ワイルダー監督の指示により、劇中で着るドレスを自分で選ぶためパリに赴いたそう。ジバンシィのアトリエに行ったオードリーは、最新シーズンのデザインは無理だが、前シーズンのコレクションからならよいといわれ、かのドレスを選んだとか。

ドレスは8万ドルから12万ドル(約883万円~1325万円)の値が付くと予想されている。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス