最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

栗山千明「また婚期が遅れると覚悟」 ウエディング姿に溝端は「女神様のよう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 舞台「ミッドナイト・イン・バリ~史上最悪の結婚前夜~」の初日前囲み取材会が14日、東京都内で行われ、出演者の栗山千明、溝端淳平、浅田美代子、中村雅俊、演出を手掛けた深川栄洋氏が登壇した。

脚本家・岡田惠和氏が描き下ろした本作は、バリでの結婚式を翌日に控えた派遣社員の幸子(栗山)とフリーターの治(溝端)、幸子の母・敏子(浅田)と治の父・久男(中村)が、リゾートホテルの一室で赤裸々な言葉をぶつけ合いながら、驚きの結末を迎えるシチュエーションコメディー。

初日を明日に控え、栗山は「一カ月ぐらいの稽古。“やっと”という思いと“もうか”という思い。精いっぱい頑張ります」とコメント。溝端も「先輩に胸を借りながらの濃密な稽古でした。本番で成果を見せられたら」と力を込めた。

栗山は、劇中で披露するウエディングドレス姿で登場。「最近、役柄で着せていただくことが多くて、また婚期が遅れるな…と覚悟しています」と女優ならではのジンクスを気にしながらも、余裕の笑み。そんな栗山の姿を溝端が「本当に女神様のよう。とてもお美しいと思う」と絶賛すれば、浅田も「きれいでかわいくて、本当に似合っている」としみじみ。中村も「これを見るともう一回結婚したくなりました」と語り、笑わせた。

これが久々の舞台となった浅田は「本当に大変。まさかの歌や踊りもあってヘロヘロで眠れない夜を過ごしました」と明かした。「台本にはなかったのに、(深川)監督が『ちょっと歌ってみよう』となって」と、歌と踊りは深川氏の提案によるものだったと説明。深川氏が「できれば、浅田さんのレコード大賞(1973年)以来の歌声を聞いてみたかった。それが一番の“事故”が起きるんじゃないかなと思って」といたずらっぽく笑うと、浅田は「毎日事故です。リズム感がないから、自分が歌っている時代も振り付けが無かったのに…」とボヤき続けていた。

舞台は9月15日~29日、都内の日比谷シアタークリエで上演。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス