最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ジム・キャリーが激やせ、レッドカーペットでは意味不明な発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『マスク』など多数の人気コメディ作品を持つ俳優のジム・キャリーについて、驚くような変化があったことを今年4月下旬にお伝えしていた。Twitterにアップされた写真(画像・左)は初老の男性といった雰囲気で、むくんだような赤い頬と伸び放題の白いヒゲには「これが自分たちが知っているあの楽しい男ジム・キャリーなのか」とファンも焦っていた。あれから5か月弱。ジムは元通りの風貌に戻ったと噂されていたが、むしろそれを超えて激やせしていたようだ。

「変に痩せてしまって鋭い目つきが怖い。」

俳優ジム・キャリー(55)についてそんな声が囁かれてしまったのは、11日にカナダで開催された『第42回トロント国際映画祭』。自身のドキュメンタリー映画『Jim & Andy:The Great Beyond - The Story of Jim Carrey & Andy Kaufman Featuring a Very Special, Contractually Obligated Mention of Tony Clifton』のプロモーションの場であった(画像・右)。

実はジム、その直前にも「かつての明るさはどこへ消えてしまったのか」と報じられていた。ニューヨーク・ファッションウィーク中の8日、プラザホテルで開催された『ハーパーズ・バザー/ICONS』記念パーティのレッドカーペットで『E!News』のレポーターにマイクを向けられたジムは、饒舌に語り始めたが言葉の節々に妙に皮肉っぽさ、理屈っぽさが漂っていたのだ。

「最近こうしたパーティで僕の姿をほとんど見ないって? だってこういう場所は何の意味も持たないからね。僕は敢えて意味をなさないものを探しては出かけるようにしている。だからここに来たのさ。“アイコン”ってものを信じるかって? ふん、取るに足らないものさ。存在もしないから空気中を舞う香水みたいなものだし。そんなもの目指すのに努力も向上心も要らないでしょ。」

どうにかジムらしい明るくポジティブな発言を引き出そうとするレポーター。彼は困り果ててジムのその日の装いについて褒めてみた。ところがジムは「ドレスアップなんかしてない。だいたい僕なんてものはいないに等しいんだ。いろんなことが起きるけれど、この我々の世界とは無関係。誰も気にもしないさ」と意味深な答えを返している。

その後もジムは一方的に話し続け、選ぶ言葉や話の内容も「存在感」「幸福感」「意識」「魂」「宇宙」などと迷走するばかり。そんなジムの様子にはレポーターも呆気に取られ、そこで側近が間に割って入った。インタビュー終了間際、「お話を聞けて楽しかったですよ」と言ったレポーターにジムは「いや、正直言って僕は君をハッピーになんてしていない」と突っ込む有様で、双方にとって後味の悪いインタビューとなってしまった。

近年は不幸な出来事が多々起きていたジム。2015年、交際していたアイルランド人の恋人がジムとの破局を機に自殺したことが何よりの痛手となっているのであろう。彼女はグリーンカードを得るため別の男性と結婚しており、ジムはその男性および彼女の母親から訴えられてしまった。ジムは性病を彼女に感染させた、金持ちなのに葬儀代を出さないとまですっぱ抜かれ、裁判の泥沼化は必至とも報じられている。

画像・左は『Jim Carrey 2017年4月15日付Twitter「Happy Easter or Passover or whatever reason you can find to feel warm and fuzzy.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス