最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【医師監修】赤ちゃんの視力ってどう発達する? テレビは見せない方がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「やっぱりテレビは見せない方が良いの?」「視力障害は遺伝するの?」、「色の区別はいつから?」など、赤ちゃんの視力で心配していることはありませんか。発達によって見え方は変化します。新生児、生後2ヶ月から5ヶ月、1歳頃までの赤ちゃんの視力の発達経緯を把握しておきましょう。
月齢で見え方に変化が!赤ちゃんの視力の発達プロセス

赤ちゃんに早くパパ・ママの顔を認識してほしいですよね。赤ちゃんの視力はどれぐらいの月齢でははっきり顔を認識できるほどになるのでしょうか。
生後1ヶ月の赤ちゃんの視力は?
生まれて間もない赤ちゃんの目は、まだ見えていません。生後1ヶ月から2ヶ月目でも、視力は0.01から0.02ほど。それでも、少しずつ近くにあるものをじっと見つめるようになり、2ヶ月もすると色も分かるようになります。赤ちゃんの目の前でおもちゃをゆっくり動かしてみて下さい。赤ちゃんの視線もおもちゃを追いかけるはずです。
赤ちゃんの視力は生後5ヶ月で0.04以上に
生まれてから3ヶ月以降は、どんどん視力が上がっていきます。生後3ヶ月前後で両目の焦点が合うようになるので、人の形も何となく分かるようになります。5ヶ月になる頃には、0.08まで視力が伸びる赤ちゃんもいます。目の前のものが動くと目で追う追視もできるようになり、また、笑うママとパパの口元も認識できるようになります。視力だけではなく、手も連動して発達しているので、目と手を動かす知育おもちゃも効果的です。
1歳の赤ちゃんの視力は0.2前後まで上昇
生後半年も経つと周りの大人の顔を区別できるようになるため、人見知りも始まります。また、お座りができるようになると寝ているだけの時期よりも視野がグンと広がり、好奇心旺盛になります。

1歳になると視力も0.2以上になるので、パン屑のように細かいものも確認できるようになります。1歳から3歳になるまで、順調に成長すると視力は1.0近くまで伸びます。
赤ちゃんにテレビを見せるとどんな影響が?

最近はスマホ育児が問題になっていますが、テレビの影響も気になりますよね。テレビ視聴が視力を低下させるエビデンスは現時点では発表されていませんが、視力以外の問題でも赤ちゃんのテレビ視聴に警鐘が鳴らされているようです。一体どのような害があるのでしょうか。
2歳まではテレビを控えるべき理由
日本小児科医会は、2歳まで赤ちゃんにテレビを見せるのは控えるよう提言しています。理由の1つは、テレビを見せっぱなしにすることで、ママやパパとのコミュニケーションタイムが少なくなってしまう可能性があるため。確かに、1日中テレビやDVDをつけたままにして、放置してしまうと日中ママと触れ合う時間が減ってしまいますよね。毎日長時間テレビを見続けた赤ちゃんは、言語や社会性の発達に悪い影響が及ぶと指摘する専門家もいます。

しかし、1歳前から子ども番組に興味を示す赤ちゃんは多くいます。日中、一人で育児と家事に追われているママは、赤ちゃんが子ども番組を見ている間だけでも手が空くので、毎日の習慣になっているケースもあるでしょう。また、上の子がいる場合、下の子も一緒にテレビを見る機会も増えます。2歳までまったくテレビを見せない、と言うのは現実的には難しいかも知れません。
赤ちゃんにテレビを見せる時に気をつけたいこと
赤ちゃんにテレビを見せる時は、見せっぱなしに気をつけましょう。身体を動かして遊ぶ時間やママとコミュニケーションを取る時間を十分に確保するためにも、テレビやDVDを見せる時間は1日30分から1時間以内に控えましょう。乳児は睡眠時間も長く、授乳やミルク、おむつ替えなどに5時間以上かかります。24時間のうち、遊んだり親子で触れ合う時間は6時間ぐらいしかありません。DVDを流しっぱなしにするなど、メリハリのない見せ方はやめて、見せる時間を意識して制限して下さい。

できれば続けて見せるより休憩を挟み連続で見続けないよう工夫するのが理想的です。番組の内容も動物や美しい景色を楽しめるもの、言葉の学習になるものを選べばよい刺激になります。一緒に踊ったり歌ったりできる番組なら、楽しい親子遊びの1つになるので、必ずしも「テレビ=害」とは言えません。パパ・ママも隣で見て「ゾウさんだね」などと声をかけるなど、コミュニケーションをきちんととることが大切です。抱っこしながら見るのもおすすめです。

テレビに近づき過ぎないよう、座る場所をいつも決めておく対策も有効です。赤ちゃんは目まぐるしく動くテレビの映像に興味を示し、近くに寄って行ってしまうものです。2メートル以内に近づかないよう、柵を用意しておくなど工夫しましょう。

視力の病気、障害は赤ちゃんに遺伝するの?

パパやママに視力障害があると、自分たちの赤ちゃんに障害が遺伝するのではと心配になるでしょう。果たして遺伝の可能性はあるのでしょうか。
赤ちゃんに遺伝する視力障害もある
すべての視力障害が赤ちゃんに遺伝するかどうかははっきり判明していませんが、遺伝する視力障害があることも事実です。例えば、近視も赤ちゃんに遺伝しやすいことが分かっています。遺伝による近視は軸性近視と呼び分けられています。可能性がある場合は特に目の健康に気をつけてあげましょう。暗いところで本を読まない、テレビを近くで長時間見ない、など、基本的な対策を徹底するだけでも、視力低下予防に役立ちます。
赤ちゃんに遺伝する視力の病気とは
赤ちゃんに遺伝してしまう目の病気は予想以上に多いので、目の病気や視力障害をもつパパ・ママは妊娠前からチェックしておくのが望ましいでしょう。近視のような屈折異常も遺伝しやすい病気の代表ですが、斜視や色覚異常、先天性白内障、緑内障、網膜色素変性なども、親の影響を受けやすい病気です。網膜芽細胞腫と呼ばれるガンも遺伝性ですが、早期発見、早期治療に取り組めば、単独でも治せる可能性があります。遺伝する可能性があるか事前に把握することで、早め早めに対策を施すことができます。
定期健診で赤ちゃんの視力異常をチェック!
赤ちゃんが生まれたあと、1ヶ月健診など定期的に健診があります。面倒臭い、と感じるママもいるかもしれませんが、赤ちゃんの視力をチェックしてもらえる絶好のチャンスなので毎回きちんと参加しましょう。健診では医師と助産師さんが赤ちゃんを診てくれます。目の動きや見え方など、少しでもおかしいところがあれば指摘があり、場合によっては治療も勧められます。
まとめ

赤ちゃんの視力は身体機能が発達するにつれて伸び、徐々に見え方も変化します。目がよく見えるようになるとテレビやスマホにも興味を持ちだすでしょう。赤ちゃんや小さな子どもが楽しく観られる番組もたくさんありますが、ママも一緒に見て放置しないこと、たくさん声をかけながら見ること、きちんと時間を決めて長時間見せ続けないことが親子のコミュニケーションのためにも大切です。

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス