最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

千原ジュニアに、いま何が起きているのか? 「思い描いていた芸人像とズレがある」 - ブレない軸足支える話芸と妻の存在 【連載「話題の人」第3回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●『にけつッ!!』『チハラトーク』の違い
『にけつッ!!』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週火曜24:54~)ではケンドーコバヤシ、毎月行われているトークライブ『チハラトーク』では兄・せいじを相手に、日常生活の様々な出来事を笑いに変える千原ジュニア(43)。いつも楽しませてもらいながら、何となく気になっていたことがあった。

お笑い芸人のみならず俳優としても活動し、2015年からはTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)でコメンテーターにも挑戦(現在火曜レギュラー)。Amazonプライムのオリジナル番組『千原◯ニアの◯◯-1GP』では企画会議から参加するなど、お笑い芸人の枠を越えての顔も目立っている。2014年に両国国技館で開催したバースデーライブでの落語が話題になったが、『チハラトーク』で兄・せいじから無茶ぶりされた「死神」を朗々と演じてみせたことも記憶に残っている。

そんな彼が9月21日・22日、東京・草月ホールで単独コントライブ「1P」(いちぴー)を開催する。お笑い芸人としての意欲を感じる一方、その告知コメントには違和感があった。「とにかくやりたいことをやる。『衝動に任せる』といった感じですね。ちょっとここ最近は大人しくしていたので、いろんな意味で“行こう”かなと」。一視聴者、一観客として見ていた彼を「大人しい」と感じたことはなかったからだ。

ジュニアの仕事を「話芸」に集約するとすれば、その原点や理念は一体何なのか。そして、彼自身が薄々感じ取っていた「大人しい」とは。それぞれの“職場”の違いや日常生活の過ごし方、2年前の結婚を経ての変化などから、その「話芸」の真髄に迫る。注目を集める人物に会いに行き、その人柄と言葉に触れるインタビュー連載「話題の人」の第3回は、話芸を磨き続ける芸人・千原ジュニア。

○「全然ウケへん!」悪夢にうなされる夜

――「1P」目前ですが、現在はどのような状況ですか?(8月14日に取材)

やるコントがだいたい決まって、それを作り上げている感じですね。2日ありますが、それぞれ同じ内容を予定しています。基本的にはコントをメインとした構成で、これから細かいところを詰めていいきます。

――ソロライブの稽古は、どのようにしてやってらっしゃるんですか?

どうしようかなと思ってますね。「稽古」って不思議ですよね。立ってやるのか、座ってやるのか。ここまでガッツリ一人でコントをやるのは初めてなので……どうしようかな(笑)。でも、どこかのタイミングでやるんでしょうね。8月いっぱいはコントを作って、9月に入ってからそれぞれを磨いていくようなイメージです。

――8月12日放送の『王様のブランチ』(TBS系)にVTR出演した際は、「好きなことをやる」とおっしゃっていましたね。そのほか、何かテーマは決まっているのでしょうか?

「遠慮せずに」という感じです。一人で何かやりたいなと思って会場を押さえて、そこから考えたものばかり。「前からこのコントをやりたかった」みたいなことはありません。「1P 」はオナニー、「2P」はセックスですよね? そういう意味なので、「好きなようにやらせてもらっているのをお客さんに覗いてもらう」という感じです。

――今回のライブが決定し、コメントを出されていました。一視聴者として、「大人しい」印象はなかったのですがご自身としては思うところがあった。

何となく、「思い描いていた芸人像」とズレがあるというか。もっと好き勝手に楽しくやっているはずやったのになぁと。しがらみとかそういうことではなくて、「自分の脳ミソ」をさらけ出してないというか。自分が考えて面白いと思うものをたくさんの人に見てもらって、共有できたらなと。それで、ライブをしてみようかなとなりました。

ライブをやると決めたのは春ぐらいで、完全に思いつきです。一人でコントライブをしようと思って、空いている会場を探してもらいました。

――コンビのトークライブ「チハラトーク」でいつも使っている草月ホールですね。

いろんな劇場あるんですが、金土日あたりだと空いているのが2年後とか3年後とかなんですよ。このシステム、なんとかしてもらわれへんかなと。舞台なんて「衝動じゃないの?」と思うんですけど。

毎年同じ時期にやられる方もいらっしゃるんでしょうが、僕の場合はやりたくなったらやる。せめて1年ぐらい先までにしといてほしいなと思います。3年後に何をやりたいのかなんて、僕は決められないですもんね。

――別の劇場も検討されていたんですか?

コントに向いている劇場もあるので、そういうところでやってみてもいいのかなとは考えていました。

――「チハラトーク」を観ていて、改修工事後の草月ホールに戻った時に「やりやすい」とおっしゃっていましたね。てっきり、そういう理由でここに決められたのだと。

トークとしてはやりやすいんですけど、コントはそんなに……こんなこと言うとアレですけど(笑)。むちゃくちゃやりやすいわけではないです。

――「やりやすい」のは、具体的にどのような会場なんですか?

何なんでしょうね。なんとなく、肌感でやりやすいと感じるんだと思います。

――会場といえば、40歳の記念に2014年に国技館でライブを開催されましたね。

あれは、「5年後に何かをやるライブをやりませんか」とよしもとのスタッフが言うてきて、「それ、おもしろそうやね」と。それ込みが内容の一部というか。5年前に買った人は2,000円、4年前に買った人は3,000円みたいに高くなっていく設定でした。

――ところが今回は、ほとんどを一人でやる。企画性のあるライブと違って別の苦労がありそうですね。

むちゃくちゃ怖いですね。「全然ウケへん!」と悪夢にうなされて起きることもあります。毎回、ライブでそういうことは経験してきましたけど。逆に40歳記念ライブでそういうことはありませんでした。どちらかというとお祭り要素が強かった。

○エピソードトークの源泉

――『チハラトーク』と『にけつッ!!』、いつも楽しく拝見しています。トークライブの前夜にうなされることは?

『チハラトーク』は、数日前に夢でうなされるなんて絶対にないです(笑)。

――『にけつッ!!』は?

『にけつッ!!』は……そうですね。これはこれで、『チハラトーク』とは違いますね。コバ(ケンドーコバヤシ)とはコンビじゃないので。せいじとは、お互い遠慮がまったくない。コバはコバのやり方があるし、それはこちらがとやかく言うことでもないわけで。コバの方が年上ですけど、俺の方が先輩ですし、その分気を使ってくれている部分もあると思います。そういう意味でも、『にけつッ!!』は不思議な番組ですね。

●2回断った『ビビット』コメンテーター
――2008年からスタートしてもうすぐ10年になりますね。開始当初はここまで続くと思っていましたか?

最初は1クールとか、2クールの感じではじまったと思います。

――長く続いた要因は、どこにあると?

それはもうコストの低さですね。これに尽きると思います。全くお金かからないですもんね。よしもとの劇場で(ヨシモト∞ホール)、3本撮りですからね。えげつないですよ(笑)。収録時間は、ほとんど放送時間と同じで、最後に音楽が流れて終わり。いいタイミングで、スタッフさんに流してもらっています。

――トークライブなどでのジュニアさんのお話は、日常生活をもととしていることが多いですね。自分に置き換えると、「面白いこと」に対するアンテナが弱いというか。そのような場面に遭遇しても、忘れてしまっていることが多いような気がします。

確かに意識はしますね。家にこもってても何も起きないので、休みはできるだけ外に出るようにしています。仕事終わってホンマは帰って寝たらいいんですけど、ちょっと遊びに行っとくかとか。この世界入ってからずっとですね。

――記憶してから、トークライブで言語化するまでの流れがいつも気になっていました。

必ず反芻するタイミングがありますね。後輩とご飯食べている時に「この間、こんなことがあってな」みたいに。

――プライベートも仕事ですね。

そうですそうです。本来、海外旅行もすべてよしもとが領収書で落とすべきなんですけどね。

――確かにそうですね(笑)。そこは経費で落ちないんですか?

落ちないんですよねぇ。『にけつッ!!』とか『チハラトーク』の内容になっているわけですし、落とせないとおかしんですけどねぇ。

明日は朝の仕事だけなんですけど、後輩連れて京都までボクシング観に行くんですよ。生中継あるから家で観たらいいんですけど、京都まで行った方がおもろいことあるかなと思って。それも、全部自腹ですからねぇ。

――これはきちんと原稿に書いておきたいと思います。

ありがとうございます(笑)。

――というわけで、完全オフの日はないということですね?

全く無いです。

――お笑い芸人の方々にとっては当たり前なんですか?

どうなんですかね。タイプにもよると思います。

○「芸人がやることじゃない」と思っていたコメンテーター

――最近では『ビビット』でコメンテーターとしての顔も。ジュニアさんがコメンテーターをやると聞いた時はすごく驚きました。もう2年経ちますね。

そうですね。僕がオファーしていただいた時は、今みたいに芸人がコメンテーターを務めるのが当たり前の時代じゃなかった。僕のあたりから始まったんだと思います。実は最初、お断りしたんですよ。

――そうだったんですか。

2回ぐらい話が来て、2回お断りして。ほんなら、「この人が出てきたら断られへん」みたいな、 TBSで昔から知っている人が来たんです。彼、その番組関係ないんですけど、誰かに「行って来い」って言われたんでしょうね。日テレの楽屋にその人が入って来た時、いやいやいや……それは汚いわ、と(笑)。「自分出てきたら俺、断られへんやん」と言ってしまいました。そんなことがあって、やることになったんです。

今振り返ってみると、僕の芸能人生の中で1度経験しとくのもええかなと。あの時、来て下さって良かったと結果的には思っています。

――最初に断ったのはどういう理由だったんですか?

その前にもこういう番組で声を掛けてもらって断っていたので。当時は、芸人がやることじゃないだろうと単純に思っていました。やってみると、すごく難しい。でも、芸人だからこそ言えるコメントもあったりします。

僕ら(千原兄弟)は時事ネタをやってこなかったんですけど、落語を観に行くといろいろな師匠が枕で時事ネタをやってはります。だから、僕にとっては「お笑い芸人としての枕」を作りに行く感覚ですね。

――お笑い芸人として違う脳みそを使うようなイメージですか?

そうですね。まったくやってこなくて、例えば爆笑(問題)さんなんかはたくさんやってこられましたよね。僕らはゼロから、何もないところから作るコントばかりやってきました。時事ネタにどの角度から入っていくのかとか、いつも考えて発言しています。

――「お笑い芸人として」のコメントが求められるので難しそうですよね。時には笑いの要素も必要になってきます。

そうなんですよ。曜日による違いもあるんですよね。やっぱり、木曜日と金曜日は濃い。(週刊)文春、(週刊)新潮、FRIDAYの発売後なので。だいたいそこらへんから世間の話題が始まる。だから、木金やってはる人はやりやすいと思うんですよ。コメントしている人が少ないから、自分が好きなようにしゃべれる。

これが土日で世間的にもさらにこすられての月火。ここが一番つらいんですよ。水曜は文春の発売日前日なので、事前に予告されることもありますし。そんなわけで、火曜日は手垢がつきまくった話題が回ってきます。これを「まだ誰も触ってないところ、どこや?」と考えながら、しゃべらないといけないのは大変な部分ではありますね。

――今は火曜ですが、以前は木曜でしたよね?

はい。すごく新鮮でもぎたてみたいな感じで、自分の好きなところから皮をむけてたんですけど、今は皮むかれてどうすんねん? みたいにグッチャグチャなんですよ(笑)。

――明日の朝も、手垢まみれの話題が回って来るわけですね(笑)。

今さら「宮迫さんどうですか?」と言われても、そりゃあ「もうええで!」となりますよ(笑)。

●結婚直後の突発性難聴と高熱
――確かに仕方がないですね(笑)。最近は、番組内での発言が思わぬ火種になることもありますが、コメンテーターとして炎上リスクがあることは頭の片隅にはありますか?

このワイドショーの流れになったのはみんな同じだから、同じように考えながらみんなやってはると思います。僕は頻繁にネットニュースを見るタイプではないんですけど、賛否の「否」の部分が多くなった方が結果的には議論が活発になって、いいような気もしますね。

――発言の一部分がネットニュースに使われて、発言の真意が歪曲して世の中に広まることに困っているとトークライブなどで話していらっしゃいましたね。

最近は、まぁそういうもんなんだろうなという感じになってきましたね。そこに変に目くじら立てている感じでもないです。

――最近はテレビだけでなく、Amazonプライムでも番組に関わっていらっしゃいます。「テレビ番組」と「ネット配信番組」は、お笑い芸人として切り分けてるんですか?

「テレビでできないことをやろう」という感じではやってないです。好きなことをやらせてくれるというのでやっているだけで。僕にとっては、ちょっとした「遊び場」が増えたような感じです。

――『千原◯ニアの◯◯-1GP』でも、打ち合わせから参加されているそうですね。その場で考えるんですか?

会議室の参加者は、全員何にも持って来てませんからね。「どうしましょ?」と言われて、「うーん……」みたいな感じで、そこから考えています。

――ジュニアさんのアイデア待ちみたいな状況ですか?

はい。はじめてやるチームなので、最初の頃は合わない時もありましたけど、だんだん僕のやりたいことが伝わってきているような気がします。

○「笑い声」を求める、芸人の軸足

――そのほか、俳優をやられることもありますね。コメンテーターなども含めて、それぞれ別の仕事という位置付けですか?

いえ、共通していると思います。たとえば、ドラマの現場はバラエティの現場とは違うので、そこに行ったことによって起きる摩擦とか、バラエティの現場では絶対に見ることができない光景です。それを「こっち」に持って帰ってきて、それこそ『チハラトーク』でしゃべったりとか。ドラマの現場ならではのトラブルに巻き込まれて、それを『すべらない話』で話すとか。何かそうやって「持って帰って来る」ものがあるので、そういった意味では共通しています。

――常に軸足はお笑い芸人であると。

そうですね。

――お笑い芸人としてのモチベーションは何ですか?

やっぱり、笑い声でしょうね。それは一番大きなことで、難しいこと。コントライブなんて、「今から面白いことをします」と予告して始まるようなもので。こんな怖いことないですよね。めちゃくちゃ怖い。何年やっていようがドン滑ることなんて全然有り得ますから。

――それだけ精神的なプレッシャーがかかるコントライブをやる上で、SNSは集客においても重要なツールだと思います。芸人さんで使っている方も多いですが、ジュニアさんが使わないのは何か理由があるんですか?

いえ、理由なんて全くないです。ただ、取り残されただけです。誰も声を掛けてくれなかった。「えっ? あの後、二軒目行ったん?」みたいな感じです。もう家に着いてシャワー浴びたし、いまさらもうええわみたいな。SNSを使わないことについては、何の思想もないですよ。

――ということは、これからやる可能性も?

そうですね。ないこともないと思います。ただ、今から行ってもね。行った頃にはお開きちゃうの?みたいになってないか心配です。

○ブレない軸足を支える妻の存在

――楽しみにしています(笑)。2年前にご結婚されて、仕事に対する考え方、向き合い方に変化はありますか? 周囲では結婚を機に、それらが変わったと言う方が結構います。

今のところ、全く変わってないですね。昨日も後輩と朝4時半くらいまで飲んで帰るような感じで、生活サイクルも変わってません。明日も京都行きますしね。奥さんはそのことについて何も言わないですし、それが仕事というのも理解してくれているので。「外に出て面白いことがないか」みたいな感覚を今のところ分かってくれているので、全然変わらないですね。奥さんとは昼飯を食べるぐらいで。そのあたりは、子どもができたら大きく変わるのかなとは思います。

――結婚以前では、誰かと一緒に住むことに抵抗があるとおっしゃっていたのですごく意外です(笑)。

そうですね(笑)。結婚した当初は突発性難聴で耳が聞こえにくくなったり、40度の謎の高熱が出て倒れたこともありました。メンタルでは全然そんなこと思ってないんですけど、フィジカルが悲鳴を上げるという(笑)。ホンマに向いてないんやなと思いましたけど、2年経って今は普通ですね。

――奥さんが仕事に対する理解があると。

ええ。あとは、あまり感情の起伏がない人なんですよね。これがヒステリックだったり、テンションが低めだったりしたら、しんどいでしょうね。ブレずに同じところに居続けているような人で良かったなと思います。

■プロフィール
千原ジュニア
1974年3月30日生まれ。京都府福知山市出身。身長180センチ。O型。1989年6月に兄・せいじとお笑いコンビ・千原兄弟を結成。1994年に「第15回ABCお笑い新人グランプリ」で優秀新人賞、1994年に「第29回上方漫才大賞」で新人賞を受賞。俳優としても活躍し、2000年に公開された映画『HYSTERIC』で「第10回日本映画プロフェッショナル大賞」主演男優賞を受賞した。『にけつッ!!』(読売テレビ・08年~)、『世界の村で発見!こんなところに日本人』(テレビ朝日系・08年~)、『ダラケ!~お金を払ってでも見たいクイズ~』(BSスカパー!・14年~)、『ビビット』(TBS系・15年~)などの番組に出演中。Amazonプライム・ビデオで『千原◯ニアの◯◯-1GP』「千原兄弟『チハラトーク』セレクト」配信中。9月21日(木)・9月22日(金)には、単独ライブ『1P』(いちぴー)を草月ホールで開催予定。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス