最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

30代 

女子から見ても正直キツイ…30代になったらやめたほうがいいことって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


20代とは違い、大人の魅力がわき始める30代女子。ですが、女子なら誰しもが思う「いつまでも若く見られたい」という気持ちが強すぎて、20代のころのファッションなどを続けてしまう30代女子もいるようです。
ということで今回は、女子から見ても「正直キツイ」と思われる、30代女子になったらやめたほうがいいファッションやメイクについて、ご紹介します。

30代になったらやめたほうがいいことって?

1: 膝上10cm以上のミニスカートに生脚

年齢を重ねても、体のラインがキレイな女子はたくさんいます。ですが体は正直なもので、脚の形や皮膚のたるみなどに年齢はしっかりとあらわれているのです。
若くてピチピチとした脚は、女子から見てもうらやましいと思ってしまうほど。ですが30歳以上の女子が膝上10cm以上のミニスカートをはいて生脚で街中を歩いていると、「目的は?」「ちょっと下品さを感じる」などと思われてしまい、逆効果を生んでしまうこともあるのです。
30代からは自然と大人の女性としての魅力が放たれ、20代のころにはなかった気品があふれ出るようになります。若い子たちと同じように肌を露出するのではなく、30代だからこそできる大人の魅力を引き出せるファッションをチョイスしましょう。

2: パステルカラーの服やバッグで若作り

薄いピンクや薄い水色などのパステルカラー。とってもかわいいので、大好きな女子も多いことでしょう。ですが、パステルカラーで全身をコーディネートしてもOKなのは、20代までかもしれません。パステルカラーは「かわいらしさ」や「子どもっぽさ」を演出するのにはぴったりなカラー。10代~20代の女子は全身にパステルカラーを使ってかわいらしいイメージを演出しています。
ところが30代女子が全身パステルカラーでコーディネートをすると、「ちょっとイタイおばさんだよね」、「若作りに苦労している」などと思われてしまうことも……。パステルカラーを使って大人っぽさを演出するには、テクニックが必要なんですね。
例えば、持っている小物や服の一部分だけパステルカラーを使ったり、アクセサリーなどに使ってみたりすると、少し甘さをミックスしたコーディネートにできますね。好きなもの、好きなカラーを自分のファッションに取り入れたい気持ちは、女子ならいつまでもあります。ですが、周りからの視線を気にするなら、取り入れ方を工夫していかないといけませんね。

3: TPOに合わない髪型や化粧をする

30代女子はある程度の社会人経験を積み、一般常識を持っていると思われがちです。そのため、TPOをわきまえた身なりが求められます。
例えば会社に出勤するだけなのに、まばたきをすれば風が吹きそうなほどのバッサバサなつけまつげを付けて真っ赤なリップを塗っていたり、暑い夏に取引先との打ち合わせで長い髪を結ばず、首や顔に髪がくっついていたりなど……。
そんな、おしゃれとTPOを切り離して考えてしまう30代女子は「いい年齢なのにTPOも考えられないのか」、「若くないんだからそろそろ落ち着いてほしい」などと、会社の中でもマイナスな印象をもたれてしまいます。プライベートでは、自分の好きな髪型やメイクを楽しめばいいと思います。しかし職場では、若い社員たちの見本になれるようなオン・オフをわきまえた30代女子が理想的ですね。

30代は、ワンランク上の大人女子になれるか、若作りのイタいおばさんになるかが分かれる年頃です。ファッション・髪型・メイクにおいてTPOをわきまえていないと、イタいおばさんまっしぐらかも!? 皆さんは、ぜひ若い女子たちから憧れられるような、ステキな大人女子を目指しましょう!

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス