最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

マツダCX-8 マツダのフラッグシップ新型CX-8は7人乗りのクロスオーバーSUVでデビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月14日マツダの国内フラッグシップモデルとなる新型CX-8が発表された。発売は12月14日だが、これに先立ち、事前にCX-8の詳細な説明会があった。

CX-8は3列シートのクロスオーバーSUVというカテゴリーで、マツダの新世代商品群の中で最もボディサイズの大きいモデルになる。国内向けSUVラインアップにおけるフラッグシップモデルという位置づけで、多人数乗車という特徴を持つモデルだ。

■■ポジショニング多人数乗車が特徴ということは、ライバルはミニバンになる。もちろん、ミニバンが持つボックスとしての、スペース、広さ、高さなどの魅力は別として、人を乗せるためにミニバンを購入しているユーザーも多いはずだ。そんなユーザーにはピッタリの商品だといえよう。

マツダの小飼社長兼CEOも「新しいライフスタイルを求めるお客様とともに、新しい市場を作っていきたい」という意気込みを語っている。新しい性格を持つモデルで新しいマーケットを切り開き、アーリーアダプターへの訴求をしっかり行ない、いずれメインマーケットへと変化させていきたいという狙いがあるモデルだ。

ミニバン同様、多人数乗車が可能で、積載能力も高い性能を持ちながら、走りの楽しみ、快適性ではミニバンを上回るSUVとして注目してみたいモデルだ。

つまり、国産モデルではニッサン・エクストレイル、スバル・エクシーガ、あたりが比較されると思うが、ボディサイズとしてはCX-8が大きい。トヨタ・ランドクルーザー/プラドだとボディサイズではライバルになるものの、車両価格帯が異なり選択肢としては上がってこない。さらに、輸入車ではBMW X5、レンジローバー・ディスカバリーなどがあるが、価格帯が大きく異なってくる。

新型CX-8のボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースは2930mmの7人乗りとなっている。プラットフォームは北米等で販売されているCX-9と共通だ。

319万6800円から419万0400円(税込み)という価格帯で、FFとAWDモデルがある。搭載するパワーユニットは2.2Lのディーゼルターボのみで、6速ATとの組み合わせになっている。WLTCモード燃費ではベストな数値を出すグレード、XDの2WDで見ると、市街地モードが12.7km/L、郊外モードで15.7km/L、高速道路モードで18.0km/L。JC08 モード表記では17.6km/Lとなっている。2トン級の重量モデルとしては立派な数値だろう。

■■ユーティリティ

3列目まで大人が乗れる居住性、無理のない乗降性、多目的に使える収納、荷室スペースというのが開発目標で、使いやすさと快適で上質な空間の両立を追求している。運転席は言うまでもなく、マツダのドライビングポジションへのこだわりは引き継がれ、理想的な運転姿勢がとれるポジションとしている。

2列目は大柄な人でもくつろげるスペースがあり、3列目は身長170cmの人が無理なく快適に過ごせる空間というサイズを実現している。2列目はキャプテンシートタイプとベンチシートを設定し、キャプテンシートタイプには大型のコンソールボックスの装備も可能。

荷室容量は3列目まで使用した状況で239L。A型ベビーカー、ゴルフバック2個搭載できる容量を確保。3列目シートを倒すと572Lになり、さらに荷室トランクボード下には307mmの深さを備えたサブトランクもある。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス