最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【新車】日本市場をメインにしたマツダの3列シートSUV「CX-8」がついにデビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダの新型SUV、CX-8は日本市場を見据えて開発されたモデルです。日本の道路事情、駐車場事情、使われ方などを考慮したうえでボディサイズやシート配列などが決められた、マツダファン待望の多人数乗車が可能なモデルの登場となりました。発表は本日2017年9月14日ですが、発売は12月14日となっています。

そのボディサイズは全長×全幅×全高が4900×1480×1730mmで、国産Lクラスミニバンよりも少しコンパクトなサイズです。つまり、国産Lサイズミニバンが使える地域では問題なく使えるということになります。

グレード展開はボトムがXD、中間がXDプロアクティブ、上級がXD Lパッケージとなります。シート配列はすべて3列で、フロントがセパレート2席、サードが分割して倒すことができる2席となり、この配置は全車で共通です。

セカンドシートは2列目-3列目が可能なウォークスルーセパレートシート(6名定員)、ベンチシート(7名定員)の2種類がXDとXDプロアクティブに設定。

XD Lパッケージのセカンドシートは大型のコンソールボックスを備えるセパレートシート(6名定員)となります。

搭載されているエンジンは2.2リットルのディーゼルターボで最高出力が190馬力、最大トルクが450Nmです。ミッションは6速のATが組み合わされています。駆動方式はFFと4WDが各グレードに用意されていて、JC08モード燃費はFFが17.6km/L、4WDが17.0km/Lとなっています。

FFモデルの価格はXDが319万6800円、XDプロアクティブが353万7000円、XD Lパッケージが395万8200円。AWDモデルはそれぞれ23万2200円高となります。まお、国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)制度を利用すると、XD LパッケージAWDで最大6万4000円の補助を受けることができます。

(文:諸星陽一/写真:小林 和久)

【関連記事】

【新車】日本市場をメインにしたマツダの3列シートSUV「CX-8」がついにデビュー!
https://clicccar.com/2017/09/14/509261/

【新車】マツダCX-8の予約受注を開始!! 12月発売に先立ち全国10カ所でプロトタイプを展示
https://clicccar.com/2017/09/14/510981/

【新車】マツダCX-8は、デザインテーマ「魂動」に従って躍動感あるエクステリアを実現
https://clicccar.com/2017/09/14/510845/

【新車】マツダCX-8は左右シンメトリーで安定感ある見晴らしのいいシートレイアウトが持ち味
https://clicccar.com/2017/09/14/510911/

【新車】実用域での燃費を向上させたマツダCX-8、燃料タンクも大容量化して航続距離は1137km!
https://clicccar.com/2017/09/14/511029/

【新車】マツダ・CX-8は安全装備が充実。360°モニターの採用で狭い場所でも取り回しが楽に
https://clicccar.com/2017/09/14/511089/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス