最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

堤真一&岡田将生が鈴木おさむ原作の連続ドラマ『名刺ゲーム』に出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の堤真一と岡田将生が、WOWOWで12月2日放送スタートの連続ドラマ『名刺ゲーム』(毎週土曜 22:00~ 全4話 初回無料放送)に出演することが14日、明らかになった。

堂ドラマは、放送作家・鈴木おさむによる同名小説が原作で、テレビ業界や芸能界など華々しい世界の裏に潜む"闇"にスポットを当て、エンタメ業界の裏側をスキャンダラスに暴き出すヒューマン・サスペンス。主人公のテレビプロデューサー・神田を演じるのは堤真一。そして彼を監禁し、残酷な「名刺ゲーム」を仕掛ける謎の男Xを岡田将生が演じる。

堤は「僕たちは仕事している時にたくさんの名刺をいただきますが、全部は覚えられていない。どんなに記憶をたどっても思い出せそうにない『名刺』というものが生死をかけるゲームの題材となることは、ものすごく恐ろしいなと思いました。今回演じる神田という役は、マスコミ業界で生きていくという競争の中で、どういう風に人間は変化してしまうのかという過程が描かれた人物です。普通であれば非情で嫌な人間として描かれる役だと思いますが、ある意味すごく人間らしい人であると感じています。人間は場面ごとに役割があって、ある場面では良い人として努力していたりするけれど、ある場面では人が傷つくような態度をとってしまったりする。状況によって神田という人間が大きく変わってしまう姿をしっかり演じていきたいと思います」と、ドラマの見どころと共に自らが演じる役についてコメント。

岡田は「脚本を読んで、最後の最後までいい意味で裏切られました。『あ、なるほど。そういうことだったのか』という驚きの連続で。僕自身がテレビ業界を知っているから、より感じるのかもしれませんが、僕が演じる謎の男Xのような人間は結構いるのかもしれないと思います。謎の男Xは最初、徹底的な『悪』として描かれますが、少しずつ変化していく役です。とても魅力的で演じがいのある役柄だと思うので、全力で挑みたいと思います」とドラマへの意気込みを語っている。出演はほかに夏菜、田口トモロヲ、大友花恋、柳ゆり菜。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス