最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【イタすぎるセレブ達・番外編】ビヨンセ、米ハリケーン被害者救済番組で語る「苦しみは皆同じ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大型ハリケーン「ハービー」の直撃を受け、死者・行方不明者が多数出たテキサス州。経済被害も甚大で、大勢の人が家などを失い今後を悲観している。そんな中、同州出身のビヨンセが被害者救済のためのチャリティ番組『Hand in Hand』に登場。現在の米国の状態と絡めながら今の思いを切々と語った。

ハリケーン「ハービー」直撃による甚大な被害を受け、今も大勢の人々が途方に暮れているテキサス州。同州出身のビヨンセは「なんとか復興に手を貸したい」と現地入りし、先日はボランティアの人々と並び被災した人々に食べ物を手渡すなどして汗を流した。そのビヨンセがこのほど『Hand in Hand』に出演し、このように自身の思いを述べた。

「暴力や人種差別に関するニュースが無い日など、一日だってない。さらに状態が悪化するなんてあり得ない―そう思っているまさにその時、自然災害が尊い人々の命を奪い甚大な被害をもたらし、永遠に人々の暮らしを変えてしまうのです。」

「人々は食べ物、衣類、清潔な生活必需品、毛布、靴、オムツ、赤ちゃんに与える粉ミルクを必要としています。そしてもちろん清潔な水もです。」

「高齢者は車いすを必要としています。そして夢を見ていく必要のある子ども達は、本やオモチャが必要なのです。」

さらにビヨンセは、被災者もそうでない人も団結してほしいという思いをこめてこう語った。

「自然災害は差別などしません。移民、黒人、白人、ヒスパニック系、アジア系、ユダヤ系、イスラム系、富裕層、貧困層…あなたがそのどれに当てはまろうと、自然災害は起こるのです。」

「私達は今、このような状況のなかで一緒にいるのです。」

ちなみにアメリカでは「ハービー」に続き、大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ州に上陸した。そちらの住民のパニック状態も相当なものだったといい、多くの人が死を意識したという。

度重なるこれら自然災害により米国民が失った物は多いが、今こそ一致団結して底力を見せるべきであろう。多くのセレブ達も支援を約束し、マイリー・サイラス、レオナルド・ディカプリオ、キム・カーダシアンと母、そして姉妹らは速やかに大金の提供を約束。ドナルド・トランプ大統領も、自らの資産から約1億1000万円を提供することを発表している。「イルマ」の直撃を受けた周辺も甚大な被害が出ており、これから政府もさらなる対応に追われることになる。

画像は『Beyoncé 2017年9月10日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス