最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

赤ちゃんでも簡単に作れる! 敬老の日に世界でひとつだけのメッセージカード【おうちで季節イベント お手軽アートレシピ Vol.21】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは! そんたんママです。

もうすぐ敬老の日ですね。
子どもが産まれた瞬間に、自分の親も義父母もおじいちゃんとおばあちゃん。
孫からお手紙が届いたらきっとうれしいはず!

けれど幼くて絵や文字はまだ書けない…というお子様向けに、今回はぐりぐりお絵描きをつかったメッセージカードをご紹介したいと思います。

STEP1 子どもにぐりぐりお絵描きしてもらおう!


紙とペンを用意したら、まずは思うがまま子どもにお絵描きしてもらいましょう。



息子にぐりぐりしてもらいました。
2歳なのでまだ具体的な形は描くことができません。

このままお手紙として出しても良いですが、一工夫して線を「軌跡」に見立ててみます。
例えば、「ちょうちょが飛んだ跡」「車が走った跡」「線路」など。
ここでは「タイヤの跡」と思ってみます。

STEP2 子どもの写真を切り抜こう


乗り物にまたがった子どもの写真などがあれば、プリントして切り抜きます。
サイズが合わなかったら拡大縮小コピーなどで調整して。



切り抜くとこんな感じ。
もちろんお顔が写っている写真があればその方が良いです!

STEP3 絵に写真を貼ろう


線が軌跡に見えるように位置を決めて写真を貼ります。



折り曲げる必要が無ければ、厚紙に貼ったりして周りを装飾するとGOOD!
さらにひとこと添えれば、ぐりぐりメッセージカードの完成です!



手ごろな写真がなければ子どもだけの写真を切り抜いて、乗り物をおりがみでつくって組み合わせてもかわいいです。

まだ絵が描けない子と言いましたが、具体的な絵が描ければお花なんか描いてもらって、子どもの写真にちょうちょの羽をつけてみても面白いかもしれません。

ちなみに自分はぐりぐりお手紙を、息子が転園する際に保育園の先生に差し上げました。
敬老の日に限らず、お世話になった方などに。子どもとお手紙を書いてみてはいかがでしょうか。


(やまだ そのこ)

外部リンク(ウーマンエキサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス