最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【TDS】人気「ギョウザドッグ」&「うきわまん」ヴィランズ版と通常版を徹底的に食べ比べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ディズニーシーの楽しみが、食べ歩きという方も多いのでは?

ディズニー・ハロウィーンの期間中(2017年10月31日まで)は、定番食べ歩きフードの「ギョウザドッグ」と「うきわまん」が、限定バージョンで販売中です。

見た目や味の違いだけでなく、大きさや重さ、具も皮も徹底的に調べてみると、様々な違いがあることがわかりました。

ちょっとマニアックな食べ比べレポートをお届けします。

■ざっくりいうと「派手」「辛い」「50円高い」

うきわまん、ギョウザドッグともに、通常版との大きな違いは3つ。

1つ、見た目がディズニー・ヴィランズをモチーフにした、ド派手カラーになっている。

2つ、どちらも後味がピリっと辛い味付け。

3つ、価格が通常版よりも50円ずつ高くなっている。

では、通常版と限定版を徹底的に比べたデータをもとに、細かい違いを紹介します。

■うきわまんは一口あたりのエビの量が全然違う

スペシャルうきわまん

(スパイシーシュリンプ&ポーク)

1個 500円

※当メニュー販売期間中、グランドメニュー「うきわまん」の販売はありません

販売期間:2017年09月01日 ~ 2017年10月31日

販売店舗:シーサイドスナック

まずは、うきわまん(以下通常版)とスペシャルうきわまん(以下スペシャル版)の違いから見ていきましょう。

■大きさ:ほぼ変わりなし

通常版は、直径が最大10cmほど。

スペシャル版は、最大で9.5cmほどでした。

重さも通常版が約135g、スペシャル版が約125gと、全体的にスペシャル版のほうがほんの少しだけ小ぶりなようです。

とはいえ、見た目には全く気付かないほどの変化です。

■パッケージ:ドナルドがアースラに

通常版のパッケージに描かれているのは、浮輪をつけた笑顔のドナルド。

スペシャル版では、アースラが不気味に微笑んでいます。

■外の生地:アースラをイメージした紫と黒に

通常版は、白地にピンクオレンジの皮を4か所かぶせた、ドーナツ型の可愛らしい外見です。

スペシャル版は、『リトル・マーメイド』のヴィランズであるアースラをイメージし、紫地に黒の皮を6か所かぶせています。

アースラの足が6本であることにちなんでいるのでしょう。

生地の部分は、色が違うだけで、味の違いは感じられませんでした。

■中の具:通常版はゴロゴロ大きめ! スペシャル版は細かい

中の餡は、食感に大きな違いがありました。

通常版は、なめらかな海老のすり身と一緒に入った、大きめ(1cm角ほど)のエビの身の食感がしっかりとしていて、噛みしめるたびに旨みが広がります。

一方スペシャル版は、メニューに「シュリンプ&ポーク」と掲げられている通り、海老のほかに豚肉が入っています。

エビの剥き身も入っていますが、通常版よりもかなり細かくカットされ、主張が少なくなっていました。

細く刻まれた豚肉は、固めで、ジューシーというよりは蒸したイカやタコに似た舌触りです。

■味:口に入れて数秒後にジワジワ辛くなる

通常版は、海老の旨みがギュッと詰まった、やさしい味わい。

小さな子供でも美味しく食べられます。

スペシャル版は、口に入れた瞬間は辛味を感じないのですが、モグモグしているうちに口の中がピリピリと辛くなってきます。

食べ続けると結構喉が熱くなる辛さなので、苦手な方はお気をつけて。

■ギョウザドッグは入っている具材が全然違う!

ツートーンギョウザドッグ

価格:550円

※当メニュー販売期間中、グランドメニュー「ギョウザドッグ」の販売はありません

販売期間:2017年09月01日 ~ 2017年10月31日

続いて、ミステリアスアイランド「ノーチラスギャレー」で売られている、ツートーンギョウザドッグ(以下ツートーン版)を紹介しましょう。

ハロウィーン期間中は、『ふしぎの国のアリス』のヴィランズである、ハートの女王をイメージした姿で販売中です。

ボリューム満点なので、軽めの食事としてもオススメですよ。

■通常版が少し重い

通常版、ツートーン版ともに、大きさは全長約20cm。

大きさに変わりはありませんが、重さに違いがあり、ツートーン版の方が通常版よりも15gほど軽くなっていました。

中の具材の量に違いがあるようです。

■パッケージに大きなハートの女王

ツートーン版のパッケージは、表に大きくハートの女王が、裏にトランプ兵が描かれています。

見落としがちな底面にもハートが並んでいますよ。

■外の生地:赤と黒のツートーン。通常版に比べてデコボコが目立たなくなっている

通常のギョウザドッグは、潜水艦ノーチラス号をイメージした、細長い形の白い肉まんです。

ツートーン版は、その名の通り、半分ずつ赤と黒に分かれたツートーンカラー。

黒の部分には、赤いハートがワンポイントでついています。

どちらも上部は、餃子のひだのようにも見える凹凸がありますが、ツートーン版はへこみが浅く、目立たなくなっていました。

ツートーン版の黒い部分には、ほんのりとゴマの風味を感じます。

■中の具:具材も味も全く別物

通常版は、口に入れた瞬間にフワッとニンニクの風味が香りますが、ツートーン版ではそれがありません。

見た目の違いも一目瞭然で、通常版の餡は白、ツートーン版の餡は飴色をしています。

中の具材は、通常版が青ネギや葉野菜、玉ねぎなどの野菜がたっぷり入っているのに比べ、ツートーン版はゴロゴロ入った肉の主張が強く、タケノコのサクサクした食感が目立ちます。

通常版の特徴である、具材を包んでいる湯葉も、ツートーン版には入っていません。

■味:最初は甘く、だんだん辛く

通常版の味は、まさに餃子を包んで蒸した「餃子まん」。

ツートーン版は、甘辛い肉まんがジワジワと辛くなってくるイメージです。

特に中の肉を噛みしめた時に辛さを強く感じました。

スペシャルうきわまん、ツートーンギョウザドッグともに、ディズニー・ハロウィーンの期間にしか食べられない限定メニュー。

辛いものが好きな方は、ぜひ食べてみてくださいね。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス