最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

独創的な音楽が有機的に結びつく瞬間 【ピテカントロプスになる日 vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 柳原陽一郎がホスト役をつとめる音楽イベント「ピテカントロプスになる日」の第4回公演が2017年10月17日(火)、東京・duo MUSIC EXCHANGEで開催される。“~歌手と詩人とロックンローラー~”というサブタイトルが付けられた本公演の共演者は、柴田聡子と奇妙礼太郎。圧倒的な独創性と誰もが楽しめる大衆性を兼ね備えたミュージシャンたちによるセッションは、この夜、この場所でしか体感できない貴重なものになるだろう。

「ピテカントロプスになる日」のこれまでの出演者は、おおはた雄一、ハンバート ハンバート、イエローパープル(1回目/2015年8月18日)、小谷美紗子、青葉市子(2回目/2016年10月17日)、EGO-WRAPPIN’、スカート(3回目/2017年5月17日)。とんでもなく魅力的なミュージシャンばかりだが、その共通点を挙げるとすれば“ルーツミュージックに根付いた音楽を志向している”、そして“オリジナルの音楽を表現する技術を身に付けている”ということになるだろうか。ライブは基本的にアコースティックギター、ピアノなどの弾き語りで行われるのだが、フォーク、ブルース、ジャズ、カントリー、ロックンロールといったルーツを感じさせながら、しっかりと抑制を効かせた演奏と豊かな情感をたたえた歌が生み出されるステージは、音楽の至福そのものといっていい。柳原と共演者の気の置けないトーク、そして、お互いの楽曲をカバーし合うセッション・タイムも、このイベントの大きな見どころ。どんな楽曲を選び、どんなアレンジで歌うのか。音楽性の違いと個性を尊重しながら、ふたつの音楽が有機的に結びつく瞬間にもぜひ注目してほしい。

イベントの中心を担っているのは、柳原陽一郎、その人だ。アコースティックギター、ピアノを演奏しながら、伝統的なフォークソング、ブルースからサイケデリック、童謡、ニッチポップまでを自由に行き来するような音楽性は、ここ数年、さらに深みを増している。このイベントで彼はずっとステージの上にいて、ゲストが演奏している間はソファーに座ってゆったりと聴いているのだが、その摩訶不思議な磁力とオーラがこのイベントの求心力になっていることはまちがいないだろう。

今回の「ピテカントロプスになる日 vol.4」に参加する柴田聡子、奇妙礼太郎のステージも大いに期待したい。今年5月に岸田繁(くるり)、山本精一が参加した新作「愛の休日」をリリースした“詩人”(柴田)、9月13日にメジャー1stアルバム「YOU ARE SEXY」を発表する“ロックンローラー”(奇妙)はまさにいまが旬。柳原陽一郎を含めた3人がどんな“歌”を響かせてくれるのか、いまから楽しみでしょうがない。 (文・森 朋之)

ピテカントロプスになる日 vol.4~歌手と詩人とロックンローラー~
【出演】柳原陽一郎 / 柴田聡子 / 奇妙礼太郎
【公演日】2017年10月17日(火) OPEN 18:30 / START 19:00
【会場】Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
【チケット料金】前売:¥3,800 / ¥4,300 (税込、ドリンク代別途、全自由席、入場整理番号付)
【チケット発売】 2017年9月15日(金)
【ライブinfo】 MUSIC for LIFE(http://musicforlife.co.jp/prdct/event/17/171017.html)
duo MUSIC EXCHANGE 03-5459-8716

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス