最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

犬派・猫派はどちらが多い? 4万人調査で若い世代には変化の兆しも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Voren1/iStock/Thinkstock)

ペットは、単なるブームを超えて、今や「家族の一員」のようにかわいがる人も少なくない。ネットでは、猫や犬の愛らしい動画や画像が人気を集めている。

一方で、つねに論争となるのが「犬派か猫派か?」問題。実際、どちらが好きな人が多いのだろうか。しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女44,949名を対象に調査を実施した。

■犬派が6割で圧勝


©sirabee.com

今年2月に実施した調査では、犬派が6割を超え、猫派は4割を下回った。ネット上では、やや猫ファンが目立つ印象もあるが、実際のところは犬が好きな人のほうが多数派のようだ。

■猫派が増加の傾向も


ただし、2015年におよそ8万8千人を対象に行なった調査と比較すると、わずかながらその差が縮まっていることもわかる。

©sirabee.com

「犬より猫」が、最近のトレンドである傾向は否定できない。さらに、近年の猫人気を裏付けるデータが、もうひとつある。

■20代男性では猫派が過半数


今年2月に実施した4万人調査のほうを男女・年代別で見てみると…

©sirabee.com

男女とも、若い世代ほど猫派が多いことが判明した。40代以降では、男性より女性に猫好きが目立つが、30代以下では男性のほうが猫好きで、唯一20代男性は、猫派が5割を超えている。

■いずれは猫派が逆転?


一人暮らしでも飼いやすく、留守番も苦にしない猫と、散歩が必要な犬。晩婚・非婚化や若年男性の草食化が指摘される昨今、面倒が少なくとにかく愛らしい猫は、現代日本のニーズにあったペットと言えるかもしれない。

ネットにおける猫の愛され方を見ても、今後、猫派が犬派を逆転する可能性も大いにありうるだろう。

・あわせて読みたい→猫13匹を虐待死させ動画撮影した男性が逮捕 残虐な犯行に非難轟々

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月13日~2017年3月9日/2015年3月31日~2015年4月20日 
対象:全国20~60代男女44,949名/88,321名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス