最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

10代ダンサー・IKKI、LEO、SHO→RI、MiYUが世界に挑んだ“WDC 2017”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月2日・3日に、ストリートダンスの世界大会“WDC(WORLD DANCE COLOSSEUM)2017”が開催された。今年で9回目を迎えるWDCのファイナルは東京・Zepp DiverCity Tokyoで行なわれ、国内・海外屈指のダンサーが集結し、そのバトルを一目見ようと多くのオーディエンスが会場に詰めかけた。今回から新たに中国予選も加わり、さらにワールドワイドな世界大会になったWDC。そのファイナルの大舞台に挑んだ10代のダンサーたちがいる。それはDanceFact公式ダンサーとして知られる、IKKI、LEO、SHO→RI、Miyuの4人だ。強豪が集まる世界大会で彼らが目にしたもの、手に入れたものとは!?

■ 改めて感じるWDCという大舞台! 世界の壁に挑むSHO→RI

前日のファイナル進出をかけたLOCKKIN' SIDEトーナメントで、憧れのダンサーPOGと挑んだSHO→RI。当日予選からの勝ち上がりで、LOCKINで唯一の日本人チームとして出場。日本代表としてファイナルの舞台に進んだ。

準決勝の相手は、斬新なLOCKINでファイナル進出を決めた、韓国からの刺客「KHAN&MOON」の二人。

POG&SHO→RIは、ルーティンを多めに組み立て、オーディエンスの歓声を集めていくのに対し、KHAN&MOONは持ち前の斬新なLOCKダンスやハットトリックでオーディエンスを魅了する。

オーディエンスからの反応は五分五分だが、目の肥えたジャッジは一瞬の緩みを見逃さなかったようだ。ミスなく自分たちのダンスを完璧に見せたKHAN&MOONに軍配は上がった。

これが、世界大会が持つ独特な空気感というものなのだろう。ほんの些細な所で勝敗が分かれたというバトルだった。SHO→RIは世界の壁を感じる一戦になったのではないだろうか。来年はきっとこの悔しさをバネにWDCの舞台に戻ってくるに違いない!

■ 相方・優弥のKIDSラストを優勝で飾りたい! MiYUが気持ちの入ったダンスでかます!!

甲信越予選で勝ち上がった「心優弥」。MiYUは“JUSTE DEBOUT 2017”のKIDS SIDEで優勝した優弥(FORCE ELEMENTS)とタッグを組み、ファイナルの舞台へ。

準決勝の相手は、ここ最近KIDSダンスが盛り上がりを見せている中国から勝ち上がった「LockingZk&JiXiang」。ダンスの日中対決が実現した。中国はLOCK&HIPHOPでソロやルーティンを決めていくが、倍返しと言わんばかりに心優弥がダンスで跳ね返していく。特にMiYUの攻撃的なダンスは体の使い方もエグく、相手を圧倒。そこに優弥がPOPPINで流れる音を全部拾うかのようなヒットで追い打ちをかける。ルーティンも一糸乱れぬムーブで、オーディエンスの歓声を集めた。未知なるバトルだった日中戦は、心優弥が貫録の勝利を飾った!

そして、決勝は東海予選を勝ち上がった「GrandSlam」。この2人も準決勝のチームと一緒で、LOCK&HIPHOPで戦うチームだ。GrandSlamが“倒すぞ”オーラをぶつけると、心優弥も“やられねーよ”オーラで返し、バトル前からステージはバチバチムード。その流れのまま、感情むき出しな熱いバトルで両者ぶつかり合う。そんな中、心優弥の二人はどこか冷静さを持っていたように思う。相手の勢いに乗りつつも、軽くいなしたり、相手のダンスをさらに上のスキルで圧倒したり、どうやって自分たちのダンスをして優勝しようかと考えながらやっているように見えた。

結果は5-0の完封勝利。全体的にレベルの高いKIDSダンスシーンだが、トップクラスは異次元に強いということを証明した! 表彰式ではMiYUが「ここまでこれたのは、親や仲間達が自分のそばで支えてくれたおかげです。本当にすべての環境に感謝です」と感謝の言葉を伝えていたのだが、強いダンサーは心まで強いのだと思わせてくれるシーンだった。

■ 悲願の優勝へ! 強豪ひしめくHIPHOP SIDEにLEO&IKKIが挑む

昨年のWDCで準優勝を手にし、今大会も優勝候補の一角として注目されていた「LEO&IKKI」。2on2で日本人に負けたことはないが、海外チームには勝率が悪いという二人は、前日のファイナル進出をかけたトーナメントで、フランスの「Gonzy&Raza」を撃破し、ファイナルの舞台にやってきた。

これが自信になったのだろう。絶対に優勝できるという自信がLEO&IKKIから感じられた。準決勝の相手は当日予選でファイナルの切符を掴んだ「Bamboo Soldier」。この2人はLEOと同じチームであるBEAT SOLDIERの大空とルイスだ。つい2週間前に「DANCE ATTACK!!」でラスト参戦を優勝で飾った感動エピソードを持つ3人だが、この日は敵としてステージの対角で相見えることに。お互いを高め合うムーブやルーティンで熱いバトルを繰り広げたが、日本人不敗記録を持つLEO&IKKIが気持ちの強さを見せて勝利した。

決勝前に、筆者が出演者控室にいるLEO&IKKIに会いに行くと「去年の雪辱を晴らしたい! 海外のダンサーに勝ちたい」と意気込みを語ってくれた。LEOがケガからの復帰間もないこともあり、不安な部分もあったと思うが、ファイナル前日も朝まで二人で練習していたという二人を見ていると、彼らならやってくれるんじゃないかと思わせてくれる。心配はなさそうだった。

迎える決勝戦。相手はICEE&ALEX(フランス&ベルギー)。LEO&IKKIにとってこれ以上ない強敵が立ちはだかる。

最初から全力でぶつかるLEO&IKKIに対し、それをかわすかのように自分たちの踊りを見せるICEE&ALEX。バトル後にIKKIが「こっちが出すパンチをすべて避けられた気分」とバトルの印象を振り返っていたが、その言葉通りのバトル内容になっていた。細かい音を拾いに拾いムーブを作るLEO&IKKIとどこの音を取って踊っているんだろうと思わせるムーブで自分たちの世界観をスキルとセンスで作るICEE&ALEX。

結果は、ICEE&ALEXが貫録の勝利を収めたが、LEO&IKKIにも嬉しい収穫が。HIPHOP専門のジャッジの一人が、LEO&IKKIにポイントを与えていたのだ。対戦後にIKKIが「去年は一方的に負けたけど、今年はしっかり踊れた」と言っていたが、確実に二人は海外ダンサーを倒す力をつけている。日本の10代ダンサーの明るい未来を見せてくれた一戦であった。

こうして幕を閉じたDanceFact公式ダンサー4人のWDC 2017ファイナル。日本の10代ダンサーは大人のダンサーを倒してしまうぐらい、レベルが高いと言われているが、やはり世界大会で海外の強豪ダンサーと戦うと世界の壁は大きいと思わせるものがあった。

ただ、彼らには伸びしろも未来も無限大にあるし、次こそはという強い目標と気持ちがある限り、ダンスの未来は明るい! そう思わせる熱いものがある。来年のWDCでは世界のダンサーを倒し、優勝を勝ち取る10代ダンサーの姿がきっと見られるだろう!

https://news.walkerplus.com/article/121448/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス