最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

iPhone XとiPhone 8/8 PlusにApple Watch Series 3に触ってきた - ハンズオン会場にはティム・クックとジョナサン・アイヴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●「スマートフォンの未来」をリードするiPhone X
Appleは米国時間の9月12日スペシャルイベントを開催。同社の新キャンパスであるApple Park内のSteve Jobs Theaterで基調講演を行い、iPhone XとiPhone 8、iPhone 8 PlusにApple Watch Series 3、Apple TV 4Kなどを発表した。本稿では、基調講演の終了後、報道陣向けに実施されたハンズオンの模様をお届けする。

“One More Thing.”の台詞の後に登場したiPhone Xは、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した意欲的なモデルで、基調講演では「スマートフォンの未来」をリードする製品として紹介された。「Super Retina HDディスプレイ」と銘打った、自然な色合いを再現するディスプレイの大きさは5.8インチだが、後述する5.5インチのiPhone 8 Plusよりも本体サイズが幅で7mm、高さで14.6mm小さくなっている。iPhoneの「Plus」シリーズは、手の小さい人が片手で操作するにはちょっとしんどいところがあったが、これならいけそうな気がする。

操作体系が大きく変わったのもiPhone Xの特徴だ。なくなったホームボタンの代わりに、ホーム画面に移動する際、利用するのは、画面の下からのスワイプアップだ。スワイプした指を途中で止めるとマルチタスク画面に切り替わる。これまで下方からのスワイプはコントロールセンターの呼び出しだったが、それは画面右位置での下方スワイプへと変更された。画面上から下へは通知だったじゃないか? それはどこいった? と思ったら、画面左位置からの下方スワイプに変わっていた。Siriの起動はサイドボタンの長押しだ。長くiPhoneを使っている人ほど迷子になりやすいかもしれなく、だったら初めて買うという人に、これを勧めるっていうのはアリだなと思った。セルフィー女子には嬉しい機能もフロントカメラにあるし(後述の「ポートレートライティング」機能)、価格は112,800円からと、それなりではあるが最初の一台で贅沢な体験しちゃっても良いのではと。

セキュア認証機能も変更されるとともに、より強力なものとなった。指紋認証のTouch IDに代わり導入されたのが、3Dの顔認識機能であるFace IDだ。Touch IDの誤認識は5万回に1回の割合で起こりうるということだったが、Face IDでは、100万回に1回まで減らせるというのだ。基調講演でも紹介された『宇宙大作戦』のエピソード33『イオン嵐の恐怖』で描かれる鏡像世界が立ち現れない限り、誤認識はありえないはずだ。他社製スマートフォンだと、メガネかけるともうダメなんて話を聞くが、Face IDではそういったこととは無縁のようである。ハンズオンでは、自分の顔を登録することはできず、登録済みのスタッフの顔を借りてその機能を確かめたのだが、反応が早過ぎて実際のところ良くわからず、ごめん、もう一回やってもらっていい? とお願いする始末。光がないところでも、赤外線カメラを積んでいるので、何の問題もなく機能する。

この特殊なカメラを利用したユニークな機能も用意されている。それがAnimojiだ。Animojiは「絵文字」と「アニメーション」を合わせたかばん語で、カメラに向かって話したり頭を動かしたりすると、それらをキャプチャーし、プリセットされたキャラクターにが同じ動作でアニメーションするというものだ。この機能はFace IDと異なり、登録された以外の人の動きでもキャプチャーできる。試してみたところ、大げさに口を開けたり頭を振ってみる方が効果がよくわかるのだが、普通に話しても口の動きを捉えてくれる。カメラで動きを捉えているので、何語で話しかけても関係なく、話した音、つまりオーディオデータを追加して利用するという形なので、こちらも使用言語は関係ない(Siriのような音声解析を行っているのではない)。AnimojiはiMessage上で利用可能なのだが、iOS 11が入っていれば、表示についてはiPhone XでなくてもOKだった。ただし、作成はiPhone Xでないとできない。

先進的な機能、デザインを含め「スマートフォンの未来」の看板に偽りないと言うか、それを謳うのに相応しいモデルという印象だ。発売はちょっと先で11月3日になるが、一刻も早く入手して、ハンズオンの時間では確認できなかったことを試してみたい。

●着実な進化を遂げたiPhone 8とiPhone 8 Plus

続いて、iPhone 8、iPhone 8 Plusを見ていこう。この二機種はiPhone 7シリーズの所謂「後継機」にあたる。本体デザインは全モデルを踏襲してはいるものの、iPhone X同様、無線充電採用のため、前面背面をガラスで覆う仕様となり、アルミニウム製と組み合わせるという形となった。サイズは、iPhone 8が4.7インチで、iPhone 8 Plusは5.5インチ。True Toneと広色域を持つ新しいRetina HDディスプレイを搭載する。メインカメラが12MPと、数字の上では変わりがないように思えるが、スローシンクロに対応したほか、8 Plusでは、1080pでのスローモーションビデオで240fpsでの撮影が可能となった。また、7 Plusで採用されたポートレート撮影においては、さらなる機能が追加された。それがポートレートライティングだ。

ポートレートライティングでは、デュアルカメラと新しいフェイシャルランドマークを利用し、顔検出と深度マップから様々な照明エフェクトを施せる。スタジオ品質のドラマティックな効果が特徴で、ポートレートモードで撮影しておけば、後からエフェクトを加えられる。フィルターとは異なり、ライティングに手を加えるというのが特徴だ。ハンズオンでもこれは試せたが、本当に劇的に質感が変わるので、人物写真を多く撮る人には強力にオススメしたくなる機能だ。

これもまたiPhone Xと同様だが、8/8 Plusとも、搭載チップは64ビットアーキテクチャ採用のA11 Bionicとなった。A10 Fusionよりも高効率コアは最大70%、高性能コアは最大25%高速になり、グラフィックスは、Apple設計の3コアGPUを搭載し、最大30%向上している。これにより特にARを使ったゲームでは、より美麗で滑らかな表現が可能になったようだ。デモ機にARゲームはいくつか入っていたが、それらはiOS 11リリースのタイミングで一斉に公開されると思われる。

そして、前出の無線充電だが、このためにAirPowerという専用充電器が来年発売される。これは今回発表のiPhone3モデルに、Apple Watch、そしてこちらも来年発売となる新しいAirPodsが対応。Qi規格を拡張し、より素早い充電が行えるようになるとのことだ。iPhoneとApple Watch、AirPodsを置くと丁度いいサイズで、Lightningケーブルと充電アダプターを持ち歩くより、スリムかつスマートな使い方ができそうだ。

●iPhoneを持っていなくても単独で使えるApple Watch Series 3

最後はApple Watch Series 3。噂通りLTE通信に対応。iPhoneを持っていなくても、外出先で電話をとったり、Apple Musicのストリーミングオーディオを聞くといったことができる。ハンズオンのコーナーに並べられていなかったが、LTE通信機能を省略したGPSモデルという製品もあって、こちらは従来モデルと同じ使用感となるはずだ。LTE通信対応モデルは、ペアリングしたiPhoneと同じ電話番号が割り当てられるようになっている。SIMは内蔵のeSIMを使う。現物を見ていないので、なんともだが、外見上の違いは、LTE通信対応モデルのデジタルクラウンには赤いアクセントが施されているが、GPSモデルは従来と同じだというところだけだとのこと。この赤いデザイン処理が、ディオール オムの「シフル・ルージュ」を彷彿とさせると筆者は記したが、それとは全く関係なく、両者を区別するのに、たまたま赤になったくらいのことでしかないらしい。

ストラップにはミラネーゼループをスポーツ用にしたようなスポーツループをはじめ、新デザイン、新色が追加されている。また、アルミニウムケースのボディカラーについては、シルバー、スペースグレイに加え、ゴールドというラインナップとなり、ローズゴールドが姿を消した。Editionモデルは、新色のグレイが追加。Apple Watch Nike+でも新しいストラップが追加。Apple Watch Hermèsでは新しい文字盤が追加され、エルメスのドライビンググローブのデザインから着想を得て作られたシンプルトゥールラリー、エルメスのカレ(スカーフのこと)をモチーフにしたシンプルトゥールエプロン・ドール、ドゥブルトゥールの新色がラインナップに加わっている。

ハンズオンでは主だった機能のデモを見るという感じだったが、色々と機能を詰め込んだ割に、厚ぼったくなったりなど改悪となるような変更はなく、デザイン性は損なわれていない。Apple Watchについては3月にiPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発表された際に春の新色バンド、6月のWWDCで夏の新色、今回9月に秋の新色をそれぞれ追加していることから、3カ月おいた12月にもスペシャルイベント、あるいはそれに準ずるような施策から「冬の新色」を発表する可能性が高くなったと言える。

ハンズオン会場はSteve Jobs Theater内で実施されたのだが、最中、CEOのティム・クック、チーフデザイナーのジョナサン・アイヴも顔を見せた。マイナビニュースでは、本稿に続き、基調講演のレポート、Apple Park/Steve Jobs Theaterのレポート記事をお届けする予定だ。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス