最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『僕やり』童貞のまま死ねない…マル・パイセンに共感する男子続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)関西テレビ

窪田正孝主演で放送中のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ・関西テレビ系)の第九話が12日、放送された。

いよいよクライマックスを迎えつつある本作。自分たちが犯人であることを告白する決意を固めたトビオ(窪田正孝)たち4人は、なんともハチャメチャな行動に打って出る。

■普通じゃない自首を…しかし、もみ消される?


©sirabee.com

わかりあえたと思った市橋(新田真剣佑)が自ら命をたち、愕然とするトビオ。刑事の飯室(三浦翔平)が、自由を求めて市橋は死を選んだのではないかと言い放ったことで、錯乱状態に。やがて、本当の自由を得るには自首するしかないと考えるようになる。

それは伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)も同じで、警察に出頭することに。だが、普通に自首をしても輪島(古田新太)に再びもみ消されるという思いから、多額の金をつぎ込んで、派手な自首計画を練る流れに。

当日、1万円札を貼り付けたチラシをばらまきながら、大声をあげて街を歩き回る4人。そのチラシにはQRコードが印刷されていて、そこから4人が真実を話す動画が見られるサイトへジャンプする……という仕組みだった。

だが、乱入したライブで覆面で顔を隠した謎の男たちに襲撃されてしまう4人。おそらく、輪島の手下に違いない……というところで、第九話は幕を下ろした。

■「童貞ままじゃ死ねない」 


スリリングな今回の放送において、一部の男性視聴者が強く共感したのがマルとパイセンのやり取りだ。

自首前の最後の夜、今宵(川栄李奈)に会いに行った伊佐美、蓮子(永野芽郁)に会いに行ったトビオに対し、マルとパイセンは歓楽街へ繰り出すことになる。

その理由は「童貞のまま死ぬわけにはいかない」というもの。十代の男子らしい、素直な感情だろう。

■魂の叫びに共感続出


マル、パイセンらの心の叫びに、ネット上では多くの反響が確認できる。中には強く共感する人の姿も。

・童貞では死ねないマルとパイセン

・逮捕される前に童貞を捨てるってかw

・わかる、俺も童貞のままじゃ死ねない

・おおおおおおおお ~~ついに 全員童貞卒業っ!

・マルが童貞なの、すごい改変だな…

■しらべぇの「童貞」調査では…


ちなみに、童貞に詳しいニュースサイト「しらべぇ」では、童貞に関する調査をいくつも実施済み。たとえば、全国30~60代男女1,069名を対象に「性体験がない人」の割合を調べた結果、

©sirabee.com

全体では9.1%、男性の11.1%が童貞、女性の7.1%が処女であることが判明した。昭和生まれで性経験のない人は、決して少なくないのだ。

次週、いよいよ最終回を迎える『僕やり』。原作マンガとは異なる終わり方になるそうだが……4人の逃亡劇の結末やいかに。

《これまでに配信した『僕たちがやりました』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『僕やり』市橋ショック広がる 「トビオが犯人と気づいてた」の声も

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国30代~60代の男女1,069名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス