最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

カイリー・ジェンナーの激売れリップ きっかけは「コンプレックス」だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キム・カーダシアンの異父妹で現在20歳のカイリー・ジェンナーは、一家のリアリティ番組に出演するほかリップ商品のブランドを世に出しビジネス面でも大成功した。この若さですでに億万長者となった彼女だが、リップをプロデュースしたきっかけは自身の大きなコンプレックスだったようだ。

ティーンの頃に唇をフックラさせる注射を打ち、整形かと世間におおいに騒がれたカイリー・ジェンナー。後にそれは事実と認めた彼女は、理由をこのように明かしていた。

「キスした男性にこんな風に言われたのよ。『君の唇ってマジで小さいね。でもキスは本当に上手だ。意外だよ』って。」

またこの出来事が、リップのプロデュースを始めるキッカケにもなったという。カイリーはこのほどテレビ番組『Life of Kylie』でセラピーを受け、15歳で経験したファーストキスの相手に「唇が小さく薄い」と指摘されたとして、当時の心境をこう振り返っている。

「好きな男の子にそんな風に言われて、すごく影響を受けちゃって…。」

「私は異性に望まれる容姿じゃない。キレイじゃないんだって気持ちになってしまって。それで大きな唇に憧れたの。手を加えたのはそのためよ。」

そしてさらに唇を魅惑的に見せるべく様々なリップ商品を発売し、大成功。中には数分で売り切れてしまう商品もあるほどの人気ブランドとなり、まさにコンプレックスをバネにして成功した良い例となった。この“逆転劇”で何年も前の不愉快な思いも吹っ切れたのかと思いきや…。

「いいえ、ダメ。そういう男性からの言葉って、頭から離れないものだから。」

歌手であった故フランク・シナトラは「The best revenge is massive success.(最高の復讐は、大成功をおさめることだ)」と語っていたが、「あの先輩にはムカつく」「こんな酷いことを言われた」「あんな意地悪もされた」―そんな苦い思いをバネにし前向きに努力すれば、思いもよらぬような成功をおさめることができるかもしれない。カイリーの成功や飛躍も、まだまだ止まりそうにない。

画像は『Kylie 2017年9月10日付Instagram「Rosé」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス