最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『スター・ウォーズ』エピソード9、 J・J・エイブラムスがメガホンで公開日は延期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2019年5月に全米公開予定だった人気SF超大作シリーズ『スター・ウォーズ』のエピソード9。監督に決まっていた映画『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレヴォロウの降板を受けて再調整が発生し、同年12月20日(現地時間)に公開が延期されたという。また、新3部作の最終章でメガホンを取るのは、2015年のエピソード7にあたる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督したJ・J・エイブラムスだ。

【関連】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フォトギャラリー

StarWars.comに掲載されたプレスリリースによると、エイブラムス監督はエピソード7と同様に、脚本も兼任。映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のクリス・テリオと共同執筆するという。シリーズを製作するルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディは「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でJ・J(・エイブラムス)は私たちの期待を余すことなく実現してくれました。彼が戻り、このトリロジーを締めくくってくれることに心から興奮しています」と声明を発表している。

トレヴォロウ監督が「創作上の意見の相違」を理由に降板後、一時は今年の12月15日に世界公開を控えるエピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を監督したライアン・ジョンソンの名前が浮上していた。『スター・ウォーズ』シリーズでは、去る6月にもスピンオフのハン・ソロ単独映画でも、やはり監督交代劇があり、フィル・ロード&クリス・ミラー監督に代わって、映画『インフェルノ』(16)のロン・ハワードがメガホンを取ることに決まった。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス