最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鈴木砂羽が“土下座強要”!? 公演直前の女優降板騒動に「やりそう」「驚かない」と納得の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優・鈴木砂羽が初めて演出を手掛けた舞台「結婚の条件」が13日に公演初日を迎えるのだが、同舞台に出演予定だった女優2人が急遽降板したことがわかった。降板した女優たちの所属事務所は「人道にもとる行為を受けた」と降板理由を発表したのだが、ネット上には「鈴木砂羽なら、えげつないことやりそう」「鈴木砂羽なら、何かやらかしたとしても驚かない」といった声が上がっている。

舞台を降板したのは、鳳恵弥と牧野美千子の2人。所属事務所の「しぃぼるとぷろだくしょん」は「演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為に対しまして、弊社と主催側で検討をしました結果、残念ながらこれ以上の稽古及び舞台への出演をお受けすることは出来ないと判断し出演をお断りする運びとなりました」といった報告のコメントともに謝罪文を発表している。

「鳳も自身のブログでこの騒動に触れ、罵倒を浴びせられたことや『私は床に額を擦り付けて謝ることになりました』と土下座させられことを綴り、『その姿に「私たちだけじゃなくてあちらにも」と他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました』と名指しで鈴木を批判しています。しかし、この舞台のプロデューサー・江頭美智留氏はファックスでこの事実を否定。『私のスケジュール確認のミスにより、2回目の通し稽古ができなくなった』ことが騒動の原因だったことや、キャスト全員が座った状態で鳳が頭を下げたため『見た目が土下座という形になるのかも』と説明しました。また、鈴木が土下座を強要したことや罵倒の事実はなかったとしています」(芸能ライター)

双方の意見が食い違っていることもあり、ネットには「いくらなんでも大人としてドタキャンは駄目でしょ」「稽古が厳しいのと土下座強要は全然違うし、どっちの意見が正しいんだろう」といった声が上がっている。しかし、多いのは「鈴木砂羽ならやりそう」といった声だ。

「2015年ごろ鈴木は、“ドラマの撮影現場で衣装着用を拒否したりブチ切れている”と週刊誌に報じられています。そのため、今回のニュースにも『前もブチ切れ騒動あったし、鈴木砂羽ならやりそうだと納得した』『砂羽さん前も問題あったし、そういう性格なのかも』『鈴木砂羽本人は、“自分は悪くない”って思ってそう』『やっぱ情緒不安定になりやすいのかな』といった反応が目に付きます。また、『サバサバした明るい感じが好きだったけど、これからそういうふうに見れなくなっちゃう』といった声もあります。鈴木は以前の衣装着用拒否とブチ切れについて、自身のインスタグラムで『マジ、ない!』と否定しているのですが、同じような激昂のニュースが取り沙汰されているため、イメージダウンは必至なのではないでしょうか」(同)

鈴木はインスタグラムに「数々の困難⁈ 試練⁈ を乗り越え、カンパニーの結束度マックス」とのコメントともに稽古終了後の風景をアップしていたのだが、裏ではトラブルが起きていた様子。鳳と牧野の代役はすでに決定しており、舞台は予定通り上演されるそうだ。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス