最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

セックスとスペック、どちらで男を選ぶべき?【性活相談】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【AV男優・森林原人の性活相談 第96回】

経験人数9,000人、出演本数10,000本以上、下は18歳から上は69歳まで、性別の垣根を越えてさまざまなエッチを経験するAV男優・森林原人が、女性の性に関するお悩みに答えます。

◆体の相性のいいフツメンと、3高イケメンの間で揺れてます…

森林さん、いつも楽しく拝見しております。

私の相談は、「恋人をどのような基準で選べば良いのか」です。人それぞれだと思うのですが、森林さんの意見を伺いたいです。

現在、私は2人の男性からアプローチを受けています。その男性をA、Bとすると、Aはスポーツ万能、高収入・高学歴・高身長といわゆる「3高」を満たしているイケメン。Bは真逆で、スポーツ下手の低身長小太りフツメンです。

はじめにBからアプローチを受け、私は体の相性を大事にしたいと思い一夜を共にしたところ、巨根でとてつもなく気持ち良く、今この文章を入力している間も濡れてくるほどの体験をしました。

抱かれれば好きになるちょろい人間なので、次会った時にOKを出そうと思った矢先、Bからのアプローチを受けていることを知ったAから、「本当はずっと好きだった。考え直してくれないか」と言われました。

体の相性を大事にしたい私はそれを比較したいのですが、Aから「そういうのは付き合ってからにしたい」と真面目なことを言われ、比較することができません。かれこれ2週間保留してしまっています。

長身は粗チンとも聞きますが、Aとの相性がそれなりに良かったら後悔しそうですし、体のことを抜きにしたら確実にAです。森林さんの意見をお聞かせください。

◆森林の回答

はぁー、イイですね~! 他人事としてすごく面白いです。セックスの相性を恋人選びの決め手にするとは、正直でいいと思います。そういう考え方好きなので、あなたが後悔しないよう真剣に取り組みます。

まず考えたのは、ずるい答えになりますが、Aを恋人にしてBをセフレにしていくという選択です。でも、二兎追うものは一兎をも得ず、とも言いますし、相手に誠意ある対応をしたいあなたはそれを望んでいないみたいなので、どちらか1人にするという縛りも考慮して考えていきます。そうすると、あなたが望まぬ答えになるかもしれませんが、僕としてはどちらも選ばないことをおすすめします。

◆肉体的な刺激には必ず飽きがくる

アソコの大きさで快感度が変わるというのは、刺激でセックスしているということです。刺激には耐性ができますので、いつか必ず飽きます。そして、セックスの内容によって好きになるというのは、吊り橋上で告白するとうまくいきやすいという理論と一緒で、ただ勘違いしているだけです。肉体的快感を恋愛感情的ときめきと混同しています。その自覚があるようで、自分のことをちょろい人間だとおっしゃっています。

仮にAが現れず、Bだけだったとしても、Bとのセックスに魅力を感じなくなった時に、何が残っているのかを考えてみてください。信頼や尊敬、感謝などの気持ちが残っていれば恋人としてもいいと思います。逆に、性器のスペックを除いた、目に見えない人格部分に魅力を感じないのなら、きっと次の人を探したくなるでしょう。

Bは恋人になりたがっているわけで、セックスするだけでは飽き足らず、それ以外の部分でも繋がりを求めてくるでしょうから、面倒くさいことになる気がします。セックスの相性とは、肉体的なことだけではなく、セックスの考え方、価値観も含みます。そこを見落とすと後悔します。

◆セックスの価値観が合わないと長続きしない

一方、3高のAの方ですが、セックスに意味を込めすぎているというか、神聖なものと考えているみたいなので、セックスを楽しみたいあなたは長く付き合うことはできないでしょう。

もし、長身のAはアソコもデカく(実際は、身長とアソコのサイズに法則なし)、セックスが気持ちいいものだったとしても、飽きはくるし、アソコは年と共に衰える(反応が悪く、柔らかくなる)しで、あなたは他の男としたくなると思います。でもAはそんなこと絶対に許しません。自分の衰えが原因だったとしても、あなたに我慢を強要してくるのが目に見えています。愛と肉体的欲求が別物だと認めてくれません。

Aは、愛とセックスをセットに考えているタイプで、ロマンチックで美しい考え方かもしれませんが、僕からすると間違っています。ここまで言い切ると反発を生みそうですが、人間のセックスは愛だけではありません。欲だったり、温もりだったり、娯楽だったり、何かの手段だったり、いろいろあります。付き合っている証としてとか、責任を取れるような関係になってからじゃないとしちゃいけないとか、セックスの意味や価値を限定し過ぎると後々ツジツマが合わないことが出てきてお互いに苦しみます。生理的欲求にいちいち意味を求めても、意味がありません。

今月から始めた「森林公園(もりばやしこうえん)」というオンラインサロンでは、セックスレスもテーマになっていて、会員のみなさんとやりとりしています。そこでは“セックスレスでもつながっている夫婦”というのがキーワードになっていたりします。実際に、セックスがなくても愛がある夫婦がいる、ということは、セックスが必ずしも愛がある証明、愛の条件だとは言えないということです。

世の多くの方が恋愛と(結婚と)セックスをワンセットに考えがちですが、洗脳されているだけです。それだけが唯一の正解だなんて思っちゃダメです。セックスと愛情、セックスと結婚、セックスと恋人関係、をセットにしようとするのは窮屈な考え方です。

◆自分の欲望の優先順位を知ろう

あなたは、体の相性を大切にしたいと言っていますが、それが永遠に続く保証がないということを受け入れてもらいつつ、それでも体の相性を最優先にするのか、それとも、体の相性は2番目、3番目くらいにしておいて、1番は他のこと(経済力とか見た目、運動神経、性格など)を優先するのか、自分の欲望に優先順位をつけて欲しいです。

瞬間的な感情や快感と、継続性のある信頼や安心。このどちらが、付き合っていくという永続性を求められるものに適しているのか、そういった視点で考えてみてください。そうするとAでもBでもないのです。

じゃあどんな人を選べばいいんだということになりますが、セックスの相性を優先しながらも長い付き合いを考えるなら、終わった後に「あー気持ちよかった」ではなく「幸せだったなぁ」と温もりに包まれるセックスができる相手を選ぶといいでしょう。

そのためには、刺激じゃない部分で満たされるセックスをあなたが知らなければなりません。「気持ちいいセックス」も「幸せなセックス」も知っているのがベストです。まあ、これはこれで二兎追うことになるのかもしれませんが……。

<TEXT/森林原人>

【性活相談者を募集!】

森林原人さんに悩みを相談したい方は、こちらのお問い合わせフォーム(https://joshi-spa.jp/inquiry)まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。

※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】

1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。

★Twitter(@AVmoribayashi)


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス