最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

湯がスゴイ!温泉マニアも納得の九州の「色湯・にごり湯」厳選4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊礼の湯

九州には全国的にも有名な温泉地が多数あります。その中でも、この秋でかけたくなるような一味違う個性は温泉をご紹介します。
温泉欲が高まるこの時期にオススメの色湯・にごり湯に入ってリラックスしてはいかがでしょう?
きっと、何度もリピートしたくなるはずですよ!

記事配信:じゃらんニュース
1.雲仙小地獄温泉館【長崎県雲仙市】
懐かしさ漂う秘湯で源泉利用の新鮮湯を。
雲仙小地獄温泉館木造の建物の高窓から陽が射し秘湯感が漂う(写真は男湯)

吉田松陰も訪れたという由緒ある温泉。裏手の地獄に自噴する源泉を、鮮度抜群100%かけ流しで。薄く青みがかった乳白色の湯は、底が見えないほどの濁りよう。硫黄の香りが漂う弱酸性の湯で、化粧水のような滑らかな肌触りが特徴。湯上りはしっとり美人になれそう!?
雲仙小地獄温泉館白濁したお湯と硫黄の香りが、温泉好きの間でも人気

◆温泉DATA
・料金/大人420円、4歳~小学生210円、3歳以下無料
・時間/9時~21時
・定休日/なし
雲仙小地獄温泉館(うんぜんこじごくおんせんかん)
問合せ/青雲荘
TEL/0957-73-3273
住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙500-1
アクセス/長崎道諫早ICより1時間
駐車場/30台
「雲仙小地獄温泉館」の詳細はこちら
2.豊礼の湯【熊本県小国町】
神秘的なホワイトブルーは自然が創るミラクル温泉。
豊礼の湯わいた山が望める露天。木々の緑が美しい(写真は女湯)

無色透明の湯が空気に触れることでホワイトブルーに。しかもお天気次第で白濁加減が違うというから、その日その時によってお湯の色合いが異なる。雄大な山の景色が広がる露天は開放感いっぱい。湯上りに、名物の地獄蒸し(食材は有料)はいかが?

◆温泉DATA
・料金/大人500円、小学生200円、未就学児無料
・時間/8時~19時
・定休日/不定
豊礼の湯(ほうれいのゆ)
TEL/0967-46-5525
住所/熊本県阿蘇郡小国町西里2917
アクセス/大分道玖珠ICより30分
駐車場/70台
「豊礼の湯」の詳細はこちら
3.さわやかハートピア明礬【大分県別府市】
乳白色と無色透明の湯、二つの泉質を堪能しよう。

こちらでは、1回の入浴料で野外の露天とホテル2階の内湯の両方に入れる。硫黄の香りに包まれた露天は白濁した硫黄泉、内湯は無色透明のお湯で、お肌に優しい単純泉だ。移動には一旦着替えが必要だが、風に吹かれてのお散歩も心地いい。

◆温泉DATA
・料金/大人500円、小学生250円、未就学児無料
・時間/13時~22時(最終受付21時) ※露天は14時~
・定休日/なし
さわやかハートピア明礬
TEL/0977-66-1321
住所/大分県別府市鶴見1190-1
アクセス/大分道別府ICより5分
駐車場/30台
「さわやかハートピア明礬」の詳細はこちら
4.霧島 新燃荘【鹿児島県霧島市】
長湯厳禁!?高濃度硫黄泉が温泉ファンたちを魅了。
霧島 新燃荘情緒ある天然木の湯船に白濁した湯が並々と(写真は男湯)

白く濁った湯は大量の硫化水素を含むため30分以上の入浴は禁止。その濃度から、様々な浴用効果が期待でき、アトピーなどの皮膚病が改善したという声も寄せられているとか。男女大浴場のほか、タオル着用可の混浴露天もある。

◆温泉DATA
・料金/大人500円、小学生300円、1歳~未就学児200円
・時間/8時~19時
・定休日/第2・4火(祝日の場合は翌日)
霧島 新燃荘(しんもえそう)
TEL/0995-78-2255
住所/鹿児島県霧島市牧園町高千穂3968
アクセス/九州道えびのICより40分
駐車場/50台
「霧島 新燃荘」の詳細はこちら

※この記事は2017年9月時点での情報です

外部リンク(じゃらんnews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス