最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

山下智久&浅利陽介「コード・ブルー」の影響力を実感「すごい仕事をしてる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【山下智久・浅利陽介/モデルプレス=9月13日】13日に放送された歌手で俳優の山下智久がパーソナリティを務めるラジオ番組「Sound Tripper!」(InterFM/毎週月~金曜あさ8時)では、フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(毎週月曜よる9時)で共演する俳優の浅利陽介がゲスト出演。今作の影響力について明かした。

11日より3日連続でゲスト出演となった浅利と山下のもとには「私は『コード・ブルー』に憧れて医者になりたいと思い、医学部を目指して勉強しています」というハガキが到着。

山下は「すごい仕事をしてるね俺たち。すごい影響力だよね。『コード・ブルー』でヘリが増えたりとかもあるだろうから…」とドラマを通して、視聴者や社会に影響を与えていることについて実感。浅利も「人に影響力を与えられる仕事をしてるってすごいよね」と感慨深げに語った。

◆「コード・ブルー」最終回はどうなる?



同作は、2008年7月にスタートし、翌2009年1月にスペシャル放送、2010年1月に「2ndシーズン」が放送された人気ドラマの最新シリーズ。“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指し、若い医師たちが真摯に命と向き合う姿を描いた作品。山下や浅利のほか、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未らが、救急救命の最前線で活躍する一人前の医師・看護師を演じる。

11日に放送された第9話では、地下鉄開通前の線路内にて崩落事故が発生。地下2階の崩落現場で藍沢(山下)と藤川(浅利)、そして雪村(馬場ふみか)が患者を治療中に再び崩落が発生し、頭上から大量の土壌が崩れ落ち、藍沢が意識を失っている姿がラストシーンで描かれた。急展開に視聴者からは「何が起こった」「来週まで待てない」と大きな反響が寄せられた。

浅利は「結構大変な撮影をしてきたので、その中での熱い思い、僕たちの熱量が伝わればいいなと思います。ぜひ楽しみにしていただけたら嬉しいです」とコメント。最終話は、18日に30分拡大で放送される。(modelpress編集部)

情報:InterFM

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス