最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

沖縄発ガールズダンスクルーDEVIL NO ID “悪魔界”での年齢差が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄ストリートシーンに突如現れたガールズダンスクルーと話題のDEVIL NO ID(デビルノーアイディー)は「IDを持たない未熟な悪魔」を意味するらしい。メンバーはボーカルのkarin(カリン)とhana(ハナ)、そしてラッパーのmion(ミオン)からなる。年齢は公表していないが外見は少女のようだ。そんな3人の“悪魔年齢”が明らかとなった。

DEVIL NO IDが9月6日にリリースした3rdシングル『シグナル』のカップリングナンバー『まよいのもり』が、福岡エリアのFM FUKUOKAで「9月のパワープレイ」となった。9月12日には彼女たちが同局の番組に生出演してプロモーションを行うなか朝10時頃から『モーニングジャム』に登場した。自己紹介の際に名前やパートと「人間年齢」ではなく「悪魔界での年齢」を公表した。

ボーカルのkarinは「600歳」、ラッパーのmionは「66歳」、ボーカルのhanaは「6歳」だという。悪魔界の年齢と言えばデーモン閣下が有名だが、グループで「600歳」から「6歳」まで大きな差があるケースは初めてではないか。また、グループ結成したきっかけについてもともと友だちではなく「奇跡的に集まりました」「悪魔的シグナルがピピッ」と説明するなど「悪魔」にはこだわりがある。

それでもDEVIL NO IDについて「EDMやヒップホップといったダンスミュージックを基盤にしているが、イラストレーター・うとまるによる漫画プロジェクトなどあらゆる情報をキャッチして“DEVIL NO ID”の世界観が分かる」と説明があるなか「ダンスは“人間年齢”7歳頃から習っていた」と話しており、必要な時は“人間年齢”に触れるようだ。

会話する時に沖縄のイントネーションが可愛い3人だが、興味があるものを聞かれてkarinは「ヘアアレンジ」と答えた。彼女の髪は腰まで伸びておりいろいろなヘアスタイルが楽しめそうだ。hanaは「英語や韓国語、フランス語など語学に挑戦したい」、mionは「楽器が出来たらカッコいい、ギターとかやってみたい」という。

語学力については、いずれ「海外、ワールドツアーが決まった時にMCの幅が広がるかな」という夢が実現した際の準備でもある。彼女たちのパフォーマンスは完成度が高く、楽曲のセンスも海外から注目されそうだ。ワールドツアーは遠い話ではないかもしれない。

画像は『DEVIL NO ID 2017年8月2日付Instagram「2017.9.6 Release 3rd Single『シグナル』」』『DEVIL NO ID Official 2017年9月12日付Twitter「こんにちは 今日は3人での活動です」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス