最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

兵役でしばらく会えなくなる前に…MYNAME最年長インスが最高のプレゼント『NAKED』をリリース!【インタビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MYNAMEから2人目となるソロデビュー!



──ソロアルバムのリリースおめでとうございます!今の率直なお気持ちを聞かせてください。

インス:ありがとうございます!1番待っていたのが自分だから、すごく楽しみだし、みんなの期待もありますけど、自分が自分に期待しています。

──メンバーの皆さんの反応は?

インス:正直言って、メンバーのグループメールでは、こういう(親指を立てた)絵文字だけでした、逆に、無視されなくてよかったです(笑)。「この曲いいですね」とか「PVかっこいいね」みたいな直接言うのはありました。

──メンバーの皆さんはどの曲が好きなんですかね?

インス:チェジンはジヌンが作った曲がいいと言っていて、ジュンQは自分がラップで参加している『Hot Thing’s feat.JUN Q』、そしてセヨンはタイトル曲『NAKED LOVE』、コヌは何も言わないですね(笑)。でも1番厳しく見てる人がリーダーのコヌだからきっと何かは考えているはずです。

──今回のミニアルバム『NAKED』で1番表現したかったところはどんなところですか?



インス:タイトルが『NAKED』じゃないですか、だから裸の表現も当たり前になるし、そういう自分の自信感も見せたかったし、自分の心の中のこともみんなに見せたかったです。

──ジャケット写真でも上半身裸で腹筋を見せられていますけど、やっぱり1番自信のあるパーツなんですか?

インス:はい(照)。腹筋もそうだし、今回肩も大きくするために頑張りました。見てくれたら嬉しいな!

──MYNAMEではここまでたくさん裸を見せてくれることはないですよね!

インス:はい、全部は脱がないから、(ソロの)コンサートではどうかな?脱ぐかな?脱がないかな?それは来てからのお楽しみです(笑)。

──撮影などで恥ずかしいなっていう気持ちは?

インス:ないです!恥ずかしい気持ちは忘れちゃいました。

──もしかしたらいつか、パンツ一丁の姿も見れるかも!?

インス:待っててください(笑)。なんでやねん!!

──MVを拝見して、ダンスシーンなど本当に楽しい気分になれました。

インス:作戦成功!

──かなり多くのシーンがありましたが、撮影で印象に残っているエピソードを聞かせてください。

インス:本当は裸のシーンがなかったんです。監督と話し合って、せっかくだから、こういう機会はまたいつ来るかわからないし、1つだけでもいいから裸のシーンを撮りましょうという話になって、実は1回しか裸のシーンは撮らなかったんですけど、フルバージョンでもそのシーンいっぱい入ってます。
トンネルで裸で沢山踊りましたよ。

──最初は裸のシーンなかったんですか!

インス:そうです、今MV観ると裸のシーンながかったら、多分ちょっと足りなかったんじゃないかなって思います。



──脱いじゃいたい!っていうことをインスさんの方から監督さんに話をされたんですか?

インス:そうです!尊敬してるアメリカの歌手はそういうことに関して恥ずかしいという気持ちはないから、体を見せるために頑張ってきたんだから当たり前だし、自分も頑張って作ったから、未来の自分の子供にも「パパはこうだったよ(ドヤ)!」って言いたいです(笑)。

情熱的で妄想広がるインス作詞曲…




──インスさんが書かれている歌詞は特に情熱的だなって思いました。

インス:練習生の時から目指した曲がアメリカの方だから、表現力がダイレクトじゃないですか。韓国語で先に書いてから日本語に変えるんですけど、韓国語ではもっと表現したんですよ。

──日本語にする時のニュアンスが大変じゃなかったですか?

インス:色んなパターンが来て、一緒に決めました。

──その中から選んだ単語や言葉は、どういったところを重視したんでしょうか?

インス:やっぱり意味が大事だから、私が伝えたかった気持ちと同じだったら全然OKです!

──では言葉の響きよりも意味や気持ちの面を重視した感じなんですね。

インス:そうです!『Hot Thing’s feat.JUN Q』はデートしてる気分で聴けるようにしたかったので、大胆な感じより、そういう気分になるようにしました。

──確かに、『Hot Thing’s feat.JUN Q』はメロディーがBGMにも最適だし、じっくり聴きこむにも最適でした。デートの気分になれるように音周りもこだわられたんですね。

インス:そうです、そうです!

──妄想デートしちゃうってちょっと変態チックな…(笑)

インス:自分が変態だから大丈夫です(笑)!だから、私のファンも変態です(笑)。

──(笑)!セリフから始まるっていうところもまたいいですね!「今日の目的は 君とのシュートを打つ」って何ですか!って聞いちゃいたいです!

インス:シュート(バスケのシュートのアクション)!何を考えていますか(笑)?そういう作戦です!

『NAKED LOVE』の制作過程とインスの内側の部分




──『NAKED LOVE』を制作するにあたって、インスさんの方からリクエストされたことは?

インス:100曲くらいいろんな国の方から楽曲をもらいました。それをずっと聴きながら気に入った曲をチェックして、会社のスタッフもチェックして、本当にやりたい曲を探しました。『NAKED LOVE』は聴いた瞬間、本当にこれだ!って思ったんですよ。「絶対これでいきたいです」って言っても、事務的な手続きがあって、、ギリギリで決まりました。MVも自分の声が間に合わなくて、ガイドの声を流しながら撮りました(笑)。

──ハードルが多かったわけですね。

インス:はい、だからどうやって歌うかイメージトレーニングしながらMV撮影しました。

──ではイメージが完璧に出来上がった状態でレコーディングには臨めたような。

インス:はい!逆にレコーディングで助かりました。

──海外の方が作曲された曲だったとか。

インス:僕の大好きなクリスブラウンの曲も作っている人だったんです!だから僕がこの曲を選んだ理由が絶対そこにあります。

──歌詞はどんなものにしたいかイメージがもともとあったんですか?

インス:これは曲を聞いてこの歌詞をつけようと思いました。
「Crazy Crazy Crazy for you」が自分としてはこの曲のポイントだと思っています、曲全体で2回出てくるんですけど、もともと1回でした。MVを撮りながら1回じゃ足りないなと思ってお願いしました。

──どうして2回にされたんですか?

インス:このフレーズが自分の中に残っていたので、インパクトの為に2回にしました。
この曲は自分にとってパフォーマンス的な曲だから、早くみんなに見せて頭にぐるぐるさせたい曲ですね。

──「愛を閉じ込めて 後悔するのなら 運命を 信じたい」は心にグッと来るというか、いいフレーズだと思います。インスさんはこういうご経験は?

インス:今から作ろうかなと(笑)!

──刺激的ですね!男らしい中身を歌っていらっしゃいますけど、きっと誰にでも女性的な部分ってあると思うんです。インスさんがご自身の中に感じる女性らしい部分ってありますか?

インス:みんな一緒に住んでるからどうしようもないんですけど、汚いのが嫌いです!昔は、それでいっぱい喧嘩もありました。ずっと考えているとストレスです。メンバーみんなひとりになるとすごい綺麗ですよ。5人が集まったら汚いですね~。

──なるほど~。

インス:あとは細かいことに気がつくかもしれないですね。メンバーがトイレを使って電気がそのままとか嫌だし、チェジンは特にこれが癖です。消さない!!

──インスさんは、お母さんみたいなんですね。

インス:最近は言うことに飽きちゃうんで、もう言わない!ずっと考えていると自分のストレスになっちゃうから、もうええわ!って。

──(笑)!!

ジュンQが大きく成長した『Hot Thing’s feat.JUN Q』




──先ほども少し話に出てきた『Hot Thing’s feat.JUN Q』ですけど、2人でのレコーディングのエピソードを聞かせてください。

インス:ジュン Qが参加するのが決まったのがレコーディングの2日前だったんですけど、ジュンQも自分の好きなジャンルだから、ラップパートを自分で考えて私に聞かせてくれました。すごく私も気に入って、そのままレコーディングに入ったら、自分の声にどうやってエフェクト入れるとかも全部考えてきたからすごく今回のレコーディングしてレベルアップしたと思います。

──時間のない中でもスムーズに進んだんですね。

インス:今回のレコーディングとか、ジャケ写とかMV全部が、スムーズに全てがうまくできたんですよ。MYNAMEで今までアルバムをいっぱいリリースしていても、こんなにスムーズにいったのは初めてだったから怖いくらいでした。すごいプレゼントをもらっていると思います。だから感謝の気持ちでアルバムの準備ができたし、発売後の活動も楽しみです。

──製作陣からスタッフから、皆さんのイメージの共有がバッチリだったんですね。

インス:私が何を言っても、会社もすごい助けてくれたし、本当に1人でできるものじゃないから、もちろん自分もいい結果を出して恩返ししたいし、MYNAMEの次の4人にもプレゼントをしたいです。

中毒性のある最先端を行った音楽『BURN』



──私、個人的にはこの曲が1番好きです。

インス:センスがいいですね~(笑)。この曲はジャンルが色々混ざっているから、グチャグチャに聞こえるって言う人もいますよ。ジェイソン・デルーロの曲が勉強になった曲です。

──『BURN』はライブでどんなパフォーマンスをされるのか楽しみです。

インス:わたしもです!今から振り付けをお願いするけど、イメージがあるからいっぱい話しながら作りたい。人気のある歌手がすごい参考になるんです。私が曲を作る時、ロールモデルを作ってコンセプトが決まります。一緒にならないように気をつけながら、新しくてみんなが喜ぶような曲をもっともっと作りたいなって思います。

──ロールモデルに自分らしさを付け足していくっていうのはやっぱり難しいんじゃないですか?

インス:難しいですよ、振り付けがまだ出来てないから自分らしさ表現としてはまだ足りないと思いますけど、振りと一緒に見ると自分らしさがもっと出ると思います。みんなとの掛け声もいっぱいできる曲だと思っているから、そういうところも自分らしさになると思います。

──今後この曲はクラブでプレイされたり、リミックスが出たりと広がりを見せそうですね!

インス:是非、お願いしたいです!

2AMのジヌン作詞作曲の『One last time』



──この曲はジヌンさんが作曲に入られていますけど、最初に曲をもらった時の感想を聞かせてください。

インス:嘘じゃなくて、本当にすごい良いなと思いました。これは、D-LITE先輩が日本で出した曲は明るいロックの曲が多いじゃないですか、そういう風に作ってくださいってお願いしたら、次の日にすぐガイドが来ました。それもわたしがイメージした通りだったから、すぐOKしたのでジヌンは怖かったみたいです(笑)。だから本当に修正しないでガイドのまま出来た曲です。

──聞き流していたら楽しくなれちゃうメロディーだけど、歌詞がめちゃめちゃ切ないんですよね!

インス:はい、歌詞はめっちゃ切ないです!私が今回作詞参加してない曲は、兵役のこともあるからスタッフが作詞家さんにイメージをお願いしたんだと思います。

──歌詞から、しばしのお別れを感じますね。特に『Love Letter』が兵役に行かれるインスさんからファンに対する想いが書かれているような気がしました。

インス:『Love Letter』は歌っててもグッときますね。「しばらくそばにいてあげられずにごめんね」っていうフレーズは素直に思います。

──入隊されてからのこととか、戻ってきてからのこととかってインスさんご自身想像はできますか?

インス:自分はプランを作ったんですけど、人はどうなるかわからないし、その中でリスクもいっぱいあるから、リスクを減らしながら進化ができたらいいんですけど。。私が入隊してもも4人で活動するMYNAMEのことも考えなきゃいけないし、戻ってきた時に他の4人のコンディションに合わせて行けるかっていうのは自分が準備しないといけないし…。全部、責任は自分が持ってるから、それを踏まえて色々なプランを考えています。

──インスさんが先ほど挙げてくださった「しばらくそばにいてあげられずにごめんね」と言うフレーズは全部ひらがなで書かれているんですね、なんだか想いが余計伝わって来て切ない感じがします。

インス:そうだったんですよね、サイン会とかで書きたいですね!

最後に…




──最後に、インタビューを見てくださった皆さんに、一言お願いします。

インス:まず、MYNAMEが日本でデビューしてから5年間、すごく走ってきて、あっという間でした。読者の皆さん、MYgirlの皆さんの愛がなかったらできないことだったと思ってるし、今回のアルバムは感謝の気持ちをもって集中しました。これを皆さんにプレゼントして、当分会えないんですけど元気に笑顔で行ってくるんで、待っていてくれたらまたレベルアップしたインスと新しいストーリーを作りながら次のステップに行きたいなと思っています。たくさんの応援よろしくお願いします。

Photo:片山拓

プレゼント応募について


Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

【応募締め切り】
9/24 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!



外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス