最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

安倍首相が直面「秋の政局波乱」一部始終

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 噂される10月総選挙、新代表を迎えた民進党のマル秘作戦……政局の火種に迫る!

【対談参加者】Aデスク……全国紙政治部デスクB記者……全国紙政治部、自民党担当C記者……フリーの政治記者、ゴシップが得意D記者……全国紙政治部記者、野党担当

Aデスク 自民党幹部は、茨城県知事選(8月27日投開票)で勝てて、ホッとしただろうね。自公推薦の大井川和彦氏が、7選を目指した現職の橋本昌氏を破ったわけだけど、実は自民党の票は割れていた。“保守王国”といわれる茨城で分裂選挙になったのは、県の市長会、町村会が、現職の橋本氏を応援していたから。よく勝てたと思うよ。

■小泉進次郎筆頭副幹事長が大活躍!B記者 これで自民党は、都議選、仙台市長選と続いた“負の連鎖”を断ち切ることができたわけですが、選挙応援に投入された小泉進次郎筆頭副幹事長の活躍が大きかったですね。

C記者 何度も現地入りして声を枯らしていたからね。永田町広しといえど、今、街頭演説で彼に勝てる議員はいない。党本部でも進次郎氏の評価はうなぎ上りで、10月の衆院トリプル補選にもフルで投入されることになるそうだ。

Aデスク ただ、10月の補選は自民党にとって厳しいものになるんじゃないかな。候補者の一人には“女難の相”が出ているといわれているからね。

C記者 その候補者は、とにかく女性関係が奔放なんだとか。不倫&重婚疑惑が発覚した中川俊直みたいに週刊誌ネタにならないか、党本部が今から心配しているようだね。

■文春砲の“ゲス不倫”で議員辞職した宮崎謙介氏が…B記者 そうそう。余談になりますが、文春砲の“ゲス不倫”記事で昨年2月に議員辞職した宮崎謙介氏(元自民党所属衆院議員)が、京都の下鴨神社で9月5~6日に開かれるセミナーで講師を務めるんだとか。タイトルは「今の時代に求められる議員像」とか(笑)。なぜ議員の不祥事が起きるのか、議員の常識、言ってはいけない失言などが講演テーマだそうです。再起を図っているんでしょうか。

D記者 新潟5区では、同地を地盤としていた田中真紀子さんが、野党候補の応援に入るという噂もありますね。2012年12月の衆院選で自民党候補に敗れて早4年半。真紀子さんは、安倍自民党に対して恨み骨髄ですからね。抜群の知名度を誇るだけに、敵に回すと厄介でしょう。

Aデスク 二階俊博(自民党)幹事長は「弔い合戦だから3戦全勝するぞ!」とハッパをかけているようだけど、まだ、モリカケ(森友学園、加計学園)問題も燻ぶっているので、最悪の場合、全敗もありうる状況だね。ただ、少なくとも勝ち越しておかないと、10月の補選が「安倍降ろし」の号砲になってしまうかもしれない。

■自民党の好材料は民進党の反撃が弱くなりそうなことD記者 自民党にとって唯一の好材料は、代表が交代して日が浅いため、民進党の反撃が弱くなりそうなことくらい。

C記者「苦戦が予想される10月補選」と、「民進党の代表交代」を“永田町の方程式”に代入すると、最適な解答は「衆院解散・総選挙」となる。それで流布し始めたのが、「10・22ダブル選挙説」だね。衆院選と補選を同時にやってしまおうというわけです。これなら、補選で負けてもウヤムヤにできるから。

D記者 今月中に衆院解散を打てば、民進党は準備不足。いずれにせよ、早期解散を打てば野党の共闘態勢を崩せるはずです。

B記者 10月22日が投開票日だとすると、臨時国会召集予定の9月25日の週に解散を打つはずです。ただ二階幹事長は最近、「解散に備えよ」的な発言をし始めていますが、この人が言うと怪しい(笑)。

■10月の解散総選挙はあるのか!?Aデスク 解散はないだろうね。安倍晋三総理は、「“抜き打ち解散”になると騙し討ちのようになってしまい、解散の大義がなくなる」と言っているようだから。それに、解散を打てば、安倍総理が悲願とする憲法改正を断念したと受け止められかねない。選挙になれば自民党は確実に現有議席を減らすから、自公で改憲の発議に必要な3分の2以上の議席数を維持できなくなってしまう。

B記者 衆議院議員の任期切れは来年末。それまでに解散を打たなければならないわけですが、安倍総理は来年9月の党総裁選後の解散か、通常国会終了後の解散というオプションを検討しているようです。

C記者 それでも“一寸先は闇”が政界の常。10月総選挙も、可能性はゼロじゃないと思うよ。

Aデスク そうだね。解散は総理の特権だから。

■“新たな脅威”日本ファーストの会の出現B記者 ただ、解散を見送った場合、安倍総理は“新たな脅威”の出現を許すことになりますよね。

Aデスク 日本ファーストの会(以下、日本ファ)だね。

B記者 そうです。日本ファは政治団体となっていますが、同会を母体として年内に新党が結成されます。代表は若狭勝衆院議員が務めていますが、日本ファは、小池百合子都知事が創設した都民ファーストの会の“国政進出別働隊”。次の選挙が不安な野党系議員は、日本ファの動向に注目していますからね。

D記者 日本ファが新党を結成したら、合流する議員がわんさかいますよ。確実視されているのが、民進党を離党した細野豪志元環境相と長島昭久元防衛副大臣の大物2人。さらに、木内孝胤氏、藤末健三氏(参院議員)、横山博幸氏、この他、民進党に留まっている柿沢未途氏も合流すると思われます。柿沢氏の奥さんは、先の都議選の土壇場で民進党を離党し、都民ファの推薦を受けていますからね。大物では、都連会長だった松原仁・元拉致問題担当相の参加も噂されています。

C記者 みんなの党代表を務めた渡辺喜美参院議員も、合流したくてたまらないはず。維新も飛び出しちゃったから、あの人、もう行くところがないんだ(笑)。

Aデスク いずれにせよ、民進党は完全に分裂含みということだね。代表を争った前原、枝野両氏も政策面では水と油だけど、前原氏は小池都知事と日本新党時代に同じ釜の飯を食べた仲だし、外交・安全保障面でも政策は近い。選挙協力はもちろん、日本ファに民進党ごと合流する可能性だってあるかもね。

■橋下徹氏に政界復帰の噂も!C記者 それじゃ、日本ファは“焼け太り”だ(笑)。ただ、忘れちゃならないのは、橋下徹氏に政界復帰の噂が出ていることだね。

D記者 レギュラー出演している『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系)が、今月で終わるようですね。これが政界復帰の準備なのか、秋の番組改編で新たな番組が決まっているためなのかは分かりません。ただ最近、元気がない維新関係者の間では“橋下復帰待望論”が巻き起こっているため、政界復帰の線が強いように思います。

Aデスク 当分何もせずに煙幕を張っておいて、衆院解散になったら維新から出馬するといわれているね。

■維新の会も連携して“大野党連合”D記者 実は、橋下氏と前原氏は家族ぐるみで食事をするなど、非常に仲が良いんです。前原氏が代表になったら、橋下氏を通じて維新と民進党の連携が成功するかもしれませんね。

B記者 小池都知事も橋下氏との関係は悪くない。ただ、維新の松井一郎代表と犬猿の仲なんです。だけど、橋下氏が政界に復帰すれば、“小池-橋下-前原”の3者がバッチリつながる。

Aデスク そうなると、日本ファ、維新、民進の“大野党連合”ができるね。

B記者 選挙では都議会を制圧した都民ファが全面協力するので、日本ファは東京に強い。大阪は維新が絶対有利。落ち目の民進も、名古屋ではまだ驚異的な強さを誇っている。三者が組めば、選挙で「東京・名古屋・大阪」と、日本の中枢を押えることができ、自民党を過半数割れに追い込むことも可能です。

C記者 小池都知事も、それを狙っているようだね。

■小沢一郎氏は野党結集を叫ぶも…D記者 この動きに割り込もうとしているのが、野党結集を叫んでいる小沢一郎氏です。ただ、野党関係者の多くは“小沢アレルギー”が強いですからね。

Aデスク 結局、小沢氏だけは蚊帳の外だ(笑)。

D記者 野党が虎視眈々、再編の動きを見せていますが、追われる自民党の動きは、どうなんですかね?

B記者 8月3日の改造・党役員人事を経て、新任の大臣は引き継ぎをしているところですから、今はまだ小康状態を保っていますね。

■麻生太郎財務大臣と二階俊博幹事長が水面下でバトルC記者 ただ、水面下ではバトルがあるでしょう。麻生太郎財務相と二階幹事長とか……。

B記者 麻生派は山東派を飲み込んで、党内第2派閥になりましたから、麻生財務相の発言力は増しています。一方で、幹事長に留任したため、二階氏も肩で風を切って歩いています。両者は19年10月に決まっている消費税率の10%への引き上げを巡って対立しているんですよ。

C記者 財務省とベッタリの麻生財務相は、いったん先送りになった増税を今度は予定通りに断行する立場。一方の二階氏は“道路族”だから、財務省は眼中にない。安倍総理もアベノミクスを失速させる増税を本音では先送りにしたいので、二階氏は「増税には見極めが必要」と主張し始めた。これは麻生財務相にすれば面白くないだろうね。

■野田聖子総務大臣もバックは財務省B記者 安倍総理の天敵である野田聖子総務相も、バックは財務省ですから増税推進派です。今後、財務省が空気を入れる形で、消費増税を巡るバトルが政局になる可能性もあります。

D記者 モリカケ問題でも“財務省黒幕説”がありますよね。

■一番ワリを食ったのは菅義偉官房長官B記者 確かに財務省は怪しい。ただ、一番ワリを食ったのは、菅義偉官房長官。モリカケでの対応が後手後手に回って、混乱を招きました。菅氏が一貫して、自民党で“反小池”の立場を取ってきたのも痛手でしたね。官房長官に留任しましたが、改造後はめっきり力を落としましたね。

■世論調査で大人気とご機嫌の石破茂氏D記者 ポスト安倍を巡る動きはあるんですかね?

B記者 ご機嫌なのは石破茂氏。各種世論調査で安倍総理よりも人気が高いと出ているため、その気なんですよ。衆院解散が来年の総裁選の直前になった場合は、「国会議員票もかなり取れるはず」と皮算用しているようです(笑)。

Aデスク とはいえ、党内で石破さんを本気で担ぐのは石破派のメンバーだけ。ポスト安倍の本命は、外相から政調会長に鞍替えした岸田文雄氏だろうな。

記者C 岸田氏は“総理のイエスマン”と言われていたけど、ついに閣外に出た。総裁選にも立候補を決心していると聞いたけどね。

Aデスク 総裁選には出るはず。ただ、総理のイエスマンは卒業しても、宏池会名誉会長の古賀誠氏のイエスマンは卒業できていない。ここがアキレス腱だね。

■羽田孜元総理大臣は篤実な人だったD記者 最後に、急逝された羽田孜元総理の思い出はありますか?

C記者 第80代の総理だけど、少数与党だったため、在位64日と超短命に終わったね。日本国憲法下では、最も短命な総理だ。

Aデスク あまり切れるタイプではなく、インタビューでは何を言っているのかよく分からなかったけど(笑)、篤実な人だった。民主党時代の羽田さんの勉強会から、前原派、野田派もできた。自民党出身だけど、しがらみ政治の打破をモットーとして、政治改革に人生を捧げた方だったね。享年82。ご冥福をお祈ります(一同合掌)。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス