最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「僕やり」葉山奨之が見せた役柄どおりの“クズ男”な一面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)に出演中の葉山奨之。葉山演じるマルこと丸山友貴は驚くほどのクズ男だが、葉山はそのクズっぷりを見事に演じており、見ている人は葉山自身がクズなのではないかと誤解する人もいるほど。

だが、じつは葉山にはその素養があるという。「僕やり」放送前の制作発表会でのこと。「とんでもないことに直面した際、この中で一番に逃げそうな人は?」という質問に、主要キャストの全員が葉山の名をあげたのだ。葉山本人ですら自分を指さそうと思ったそうで、間宮祥太朗からは「2人でマネージャーに怒られるはずが葉山に逃げられた」とバラされている。外見は癒やし系のイメージだが、中身は一癖も二癖もありそうだ。

葉山は小栗旬に憧れて俳優を目指し、今では同じ事務所の後輩になったが、あまりにも「小栗旬が好き」と公言しすぎて、小栗旬から「お前キメーな」と言われてしまった。だがその甲斐あって、振り幅の広い役柄がこなせる小栗の路線を踏襲できている。

これまで、NHK朝ドラ「まれ」、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)と話題作に出演し、今回の「僕やり」で新境地を拓いた葉山は、10月から始まるテレビ東京の深夜ドラマ「セトウツミ」に高杉真宙とW主演する。原作は漫画の「セトウツミ」で、関西の男子高校生2人が、放課後に河原でまったりとしゃべるだけという会話劇だ。

2年前には菅田将暉と池松壮亮で映画化されて好評を博したが、ドラマ版で葉山は、どんな高校生役を見せてくれるのだろうか。

(琴葉)

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス