最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

暑さ過ぎても「秋バテ」がある! 原因と予防法を医師に聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猛暑が過ぎ去ったにもかかわらず、体がだるくて食欲も湧かない。秋に入り涼しくなってから夏バテのような症状が出ることを「秋バテ」というそうだ。最近「教えて!goo」に「身体が物凄いだるいです。どうすれば良いのでしょうか」という相談が寄せられていたが、もしかしたら、秋バテかもしれない。先日リリースした「夏バテと思ったら『かくれ脱水』? 放置すると熱中症の恐れも」という記事で、夏バテについて解説してもらったAll About「家庭の医学」ガイドを務める医師の清益功浩先生にあらためて話を聞いてみた。

■涼しくなってもバテる理由

清益先生は前述の記事で「夏バテは暑い日が続き、自律神経のバランスが崩れた結果として起きる」と述べていた。秋になり涼しくなっても夏バテの症状が起きるのはどういうわけか。

まず、秋口の天候について、清益先生が「日々の気温が安定せず、一日の中でも朝夕で大きく差が出てしまう。秋雨前線が停滞し、多くの台風が通過すると気圧が変動しやすい」と話す。これが秋バテの原因と大きく関わっていた。つまり、これらの寒暖差や気圧の変化によって、自律神経がバランスを崩してしまうのだ。2つの違いは「夏バテは暑さによるバテ、秋バテは温度差によるバテ」という、原因となる気象状況だった。

秋バテになりやすいタイプというのはあるのだろうか。「夏の意識のまま冷たい物を食べたり、夏の間に冷房などで体を冷やした日が多い人に起きやすい」とのことだ。清益先生は「冷房の効いた部屋と残暑の厳しい環境(屋外など)への出入りが多い人、不規則な生活をしている人、睡眠不足の人、偏食している人、運動不足の人、汗をあまりかかない人などは自律神経のバランスを崩しやすいので、秋バテになりやすい可能性があります」と忠告する。

■秋バテにならないために

自律神経のバランスを整えることが、秋バテの予防対策となる。胃腸を整えたり、体を温めたり、適度な運動や睡眠も大切だ。清益先生のアドバイスを列挙する。

・バランスの良い食事を1日3食で規則正しく摂る
・できるだけ冷たい物を避け、温かい物を食べたり飲んだりする
・食べ物をゆっくりよく噛み、胃腸の状態を整える
・37~39℃程度のお湯で入浴。半身浴でも全身浴でも腹部をきちんと温める
・適度な運動で発汗機能を高め、血行を良くする。肩こりの原因になる乳酸などの疲労物質を代謝できる

清益先生は「無理のない範囲で自分の好きな運動をすると長続きします」とのアドバイスを付け加えた。食欲の秋、芸術の秋、読書の秋……と何かと楽しみの多い季節。体調を万全にして過ごしたいところだ。

●専門家プロフィール:All About「家庭の医学」ガイド 清益功浩
医学博士。日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医。京大大学院医学研究科卒。国立病院機構京都医療センター小児科などを経て、大和高田市立病院小児科。『じんましんの「真」常識』など著書多数。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)


外部リンク(教えて!gooウォッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス