最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

佐々木希『夫婦愛』の質問に大照れ「まだそんな経ってないから難しいな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)ORICON NewS inc.
 女優の佐々木希が12日、都内で行われたHuluオリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』完成披露プレミアに出席。妻の性嗜好障害という究極の試練を乗り越える夫婦の物語に挑んだ佐々木は、作品を通して生まれた“夫婦愛”への価値観の変化を聞かれると「信じ抜くっていうのは…大きな、う~ん。そんな(結婚して)経ってないからな~難しいな~」と照れ笑い。「この夫婦のような太い糸で結ばれた絆の強い夫婦ってすてき」としみじみと噛み締めていた。

同ドラマは『高校教師』など名作を生み出した野島伸司氏の脚本で、不特定多数の男性と身体の関係を持ってしまう“心の病”性嗜好障害を抱える妻・彩(佐々木)と、それでも彼女を愛し抜こうとする夫・信夫(玉山鉄二)による悲劇的純愛を描く。

作品の試写を妻とみたという玉山は「てっちゃんより(劇中で演じた)ノブちゃんがいいって。ノブちゃんのように一旦なんでも受け入れて、懐の深い男性ってモテるのかな?」と苦笑すると、佐々木は「そうですね、重要ですよね~」と深くうなづいていた。

“性嗜好障害”というこれまでにない難役に佐々木は「これは大きなチャレンジ、乗り越えたときに成長できるのではと思った。テーマに不安はありましたけど、それを超える作品の面白さと私自身この先台本がどうなるか観たいという一心で…」と決断の理由を告白。

野島氏は「多分、みなさんが想像しているよりびっくりなさると思う。破壊力半端ない。お世辞ぬきにすごい」と大絶賛で、玉山も「そもそもよく受けたな。これを演る勇気…佐々木希だよ!?」と率直に驚いていた。

佐々木は「どんなことも相手がどうであろうと全部受け入れて信じて、味方でいて…、強い絆というのはすごく…うらやましい。あと見返りを求めない、無償の愛という本当に2人のピュアな想いがきれいだと思いました」と憧れを語った。

logo-oricon

ORICON NEWS


ORICON NEWSは芸能・音楽・映画・スポーツ・社会など多種多様なジャンルのニュースや動画・ランキングなど、トレンド情報を提供する総合ニュースサイトです。 ⇒http://www.oricon.co.jp/


外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス