最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「水曜日のカンパネラ」が好きな人は絶対好きな“一人称絵本”「桃太郎が語る桃太郎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サウンド&レコーディングマガジン 2016年8月号
Fujisan.co.jpより

「水曜日のカンパネラ」様といえば、歌詞に独特の世界観がございます。小生も、水曜日のカンパネラ様の『桃太郎』を初めて聴いた時は、ビックラコキました。桃太郎にこんな解釈があるのかと…。

桃太郎は勉強・宿題そっちのけでゲーム三昧。みかねたおじいさん、おばあさんは、団子を桃太郎に投げつけ「家でゴロゴロしている暇があったら、鬼ヶ島にでも行ってこい!」と…。

ちなみに、この曲が収録されているアルバムの名前も「私を鬼ヶ島に連れてって」でございます。そんな「水曜日のカンパネラ」の世界観が好きな方に、是非ご体験頂きたいのが、こちらの絵本でございます。

桃太郎が語る 桃太郎
amazon.co.jpより
「桃太郎が語る桃太郎」(絵:岡村優太 文:クゲユウジ)

今年5月に出版され今話題の一人称絵本「桃太郎が語る桃太郎」でございます。もし桃太郎が自らの口で語ったら、その額にカメラがついていたら…。そんな発想から誕生したちょっと変わった絵本でございます。

キャッチコピーもイカしています。「ぼくは鬼がこわいと思いました」です。

企画を考えたクゲ様は、絵本情報サイト「絵本ナビ」のインタビューで「小説にしろ映像やゲームにしろ、視点の違いで味わいは変わる。もともと、童話や昔話がナレーション形式で決まって語られることを、なんとなく不思議に思っていた」と。

この一人称絵本(正確には一人称童話シリーズ)の面白いところは、まず、主人公の桃太郎の姿が出てこないところ。体の一部が見切れることはございます。

そして、お話。こちらは、かなり大人向きかと…。

まだ桃の中に在住のシーンでは、「楽しみと心配が僕の胸にかわりばんこにやってきて、なんだかとてもドキドキしました」と、桃太郎は語っています。

さらに、鬼ヶ島に出発するシーンでは、「僕の旅立ちの日です。僕は2人を三日三晩説得しました。無事帰ってくると百回も約束し、ようやく鬼退治を許してもらったのです」と。かなり大人テイストのテキストになっております。

しかし絵本の最後には、子供向きというか、読んだ子供に対するメッセージも…。「キミが桃太郎ならどんな桃太郎?」「他の登場人物も考えてみよう」という、メッセージで絵本は締めくくられております。

第二弾「シンデレラが語るシンデレラ」も8月に出版になっております。こちらも一人称絵本でございます。内容も大人が楽しめるものになっております。

ラストの王子様からシンデレラへのプロポーズの言葉もイカしておりました。「12時の鐘が鳴ってもずっとそばにいてくれますか」…。

シンデレラが語るシンデレラ 
amazon.co.jpより

「水曜日のカンパネラ」のような独特の世界観が好きな方、また普段絵本を読まない大人の方に、是非ご体験頂きたい、ちょっと変わった大人絵本でございます。

(文:N田N昌)

外部リンク(マガジンサミット)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス