最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

広瀬すず&中条あやみ、『チア☆ダン』で築いた信頼関係と互いに感じた魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 全米チアダンス選手権大会で優勝した福井県立福井商業高校のチアリーダー部の実話を映画化した『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』。3月の公開以来、女子高生たちのチアダンスにかける熱い思いは、多くの感動を呼んだが、公開され数ヵ月が経過した現在、主演を務めた広瀬すずや中条あやみは、作品をどう捉えているのだろうか。率直な胸の内を聞いた。

【関連】広瀬すず&中条あやみインタビューフォトギャラリー

広瀬は本作が公開を迎えた際「映画がいろいろな人に届いて欲しいという思いがあるので、多くの人に広がっていくことは、すごく幸せなことだと思っているのですが、同時にすごくチアダンス部のメンバーたちと一生懸命頑張って撮影に臨んだので、心のどこかで『私たちだけのものなのに!』という思いもあったんです」と複雑な気持ちだったことを明かす。そんな広瀬の言葉に中条も「その気持ちすごくわかる。私も寂しかった」と大きくうなずく。

続けて広瀬は「一人一人いろいろなものを抱えながら、手を取り合って乗り越えていくチームワークと一体感があった撮影。より結束が強かったということもありますが、こういう気持ちになったのは初めてでした。もしこの映画に私が出ていなかったら『悔しいな』って思ってしまうような作品でした」と特別な位置づけの映画だったことを強調する。

その結束力は、公開後にもある感情として残っているという。中条は「この映画が終わったあと、JETSのメンバーたちの活躍はすごく励みになるし嬉しいのですが、なんか寂しい気持ちになるんです」とつぶやくと、広瀬も「そうだよね。他の仕事で生き生きとしている姿を見ると『みんなチアスピリッツで前向きに頑張っているんだ』と思う半面、『チア☆ダン』のこと忘れちゃっていないかなって寂しくなっちゃうんだよね」と互いに見つめ合う二人。

また、本作を題材にした連続ドラマが放送されることが発表になっているが、広瀬は「出たい!」と思いを語ると、中条も「誰が出るんですかね」と気になっている様子。二人とも口を揃えて「(ドラマに出演する人が)うらやましい。またそのドラマを見たら超寂しい気持ちになるんだろうね」と語り合っていた。

『チア☆ダン』に出演したことにより、女優としてのさらなる自覚が芽生えたという。広瀬は「自分じゃない人間を自分として生きるという感覚は、わけがわからなくなるぐらい難しい。考えて悩んで、いろいろな人と話し合って、少しずつ前に進んでいます。前は学生でしたが、いまはお仕事一本なので、ずっと役と向き合っています」とストイックに俳優業に取り組んでいることを明かすと、中条も「ある人に『頑張るのは当たり前、そこから何を残していくかが大事』と言われたのですが、しっかりと誰かの心に残るような女優さんになることがいまの課題です」と強い眼差しで語った。

『チア☆ダン』という作品を心から愛していることが、言葉の端々から伝わってくる広瀬と中条。改めてお互いの魅力について聞くと、中条は「唯一無二」と即答。続けて「こんなに強さとパワーを持って安定している人はいないし、一緒にいて安心できます」と広瀬を見つめる。一方の広瀬は「不安定だよー」と苦笑いを浮かべていたが「(中条がみんなをまとめるという)役柄もあったのですが、パートナーとしての信頼感や、役柄として私にかけてくれる言葉の裏には、自身の本質もしっかり入っているので、とても救われました」と信頼感を口にしていた。

そんなキャストたちの思いが詰まった作品がDVD&ブルーレイで発売される。「4~5回ぐらい見ているのですが、毎回見方が変わるし、必ず泣いてしまうんです。それだけ登場人物みんなに感情移入できる物語があります」と作品の見どころを語った広瀬。中条も「映画を見逃した人が、また作品に触れることができる機会があるというのは嬉しいです」とさらなる作品の広がりに期待していた。(取材・文・写真:磯部正和)

『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』ブルーレイ&DVDは発売中。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス