最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“愛されキャラ”の進行役・増田アナが語る、10周年の「和風総本家」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ東京系ほかで毎週木曜に放送中の「和風総本家」が10月より“10周年イヤー”に突入する。

'08年にスタートした同番組は「日本っていいな。」のキャッチコピーで、日本を支える職人たちの技術や、海外から見た日本を紹介するバラエティー。番組マスコット犬の豆助も番組人気に大きな貢献をしながら“日本の魅力を再発見する”番組の先駆けとしてファンを獲得してきた。

そんな番組で進行役を務める増田和也アナウンサーにインタビューを敢行。10周年へ向けた意気込みや、これまでの思い出、また視聴者へのメッセージを語ってくれた。

――10月から「和風総本家」が10周年に突入します。

ありがたいですね。まずこの日を迎えることを誰が想像できたでしょうか、というのが正直な思いです。それは10年ずっと番組に出演されている萬田久子さんも、東貴博さんも、今は亡き地井武男さんも、スタッフも、誰も思っていなかったんじゃないかなあと。

これはひとえに、番組作りの丁寧さによることだと思うんです。取材させていただいている職人さんあっての番組ですが、やはり制作スタッフの熱意が職人さんやお茶の間に届いているからこそ、番組が続いているんじゃないかなあと。

――そんな10年間の中で、印象に残っていることを教えていただきたいです。

本当にいろいろありましたね。一介のアナウンサーがこんな立場で10年も進行役をさせていただいて…。

この番組は出演陣がスタッフをすごく大切にしているんですよ。まだ地井さんがご存命の時に、食事の席で若いADさんの前で、一人一人の名前を呼びながら「君たちのおかげで今年も乗り切った」とねぎらいの言葉を掛けられていたことがあったんです。その時に、番組の強い結束力を感じましたね。

私自身としては、収録のたびに葛藤の連続でしたね。東さんと萬田さん、お二人にいつも助けられてます。26歳から番組を担当しているんですが、今思えば昔は怖いもの知らずでしたね。大御所の方ともやりとりして…恐ろしい26歳だったと思います。

――増田アナしかできないキャラクター性ですよね。そんな増田アナの立場が一瞬危うくなったのが、ピンチヒッターの前田吟さんの登場でした。

複雑ですよねぇ(笑)。すごく面白いんですよ。カンペを間違えて読んだり、ヒントと言いつつほぼ答えだったり(さらに笑い)。私が進行する「和風総本家」とは別物の番組として認知していただければありがたいですね。これまで2度出られて、しかも2度目は2時間スペシャルでしたからね。来年も「世界卓球」がありますし、もしかしたら東京オリンピックの時も前田さんが私の代わりに進行役の席にいらっしゃるかも…。

ただ、本当にいち視聴者として楽しんで見ている自分もいるので、「勉強になります」と言っておきましょう(笑)。

――待ってました、“増田節”! そんな増田アナのお気に入りのテーマはありますか?

一番のお気に入りは年度に一度放送している「上京物語」ですね。高校生が卒業後に東京へ来る様子に密着する企画です。

ストーリー自体はもちろん、見るたびに「以前出ていたあの子はどうしてるだろう?」って思い出すんです。放送のたびに「築地で働いてる女の子、どうなったかなあ」とか、家族で話しますね。

それと「あなたの街の職人さん」は職人さんの仕事ぶりを高校生に見てもらう企画で、自分が高校生の時にこれを見ていたらどうだっただろう、と考えるんですよね。人生を変えるというほどではなくとも、何か心に刺さるものがあったと思います。羨ましさもありつつ、一児の父として親心を刺激される面もあります。

――10年の積み重ねでテーマに深みが増すのもこの番組ならではですね…。さて、10月には番組のマスコット犬の豆助が20代目になります。これまで黒色の柴犬が選ばれたり、耳が垂れていたりとさまざまなサプライズがありましたが、節目の20代目はどんな豆助となるのか、増田アナの予想を聞かせてほしいです。

この番組の顔といえば、なんといっても職人さんと豆助。そんな番組の中で大きな割合を占める豆助ですから、初志貫徹というか、あえて直球で、オーソドックスな柴犬がいいなと思いますね。萬田さんはよくチワワって言ってますけど(笑)。

ただ、オーソドックスでも、ツッコミどころというか、かわいらしい特徴を持っているといいなと思います。これまでだとよく見ると顔の柄がうさぎのような模様だったり、女の子座りだったり…そんな彼、彼女だったらいいなあと。どんな豆助が選ばれても、皆さまに愛していただける存在になったらうれしいですね。

――果たしてどんな20代目となるのか、楽しみにしております。最後に視聴者へメッセージをお願いできますでしょうか。

まずはいつも見てくださってありがとうございます。10年という大きな節目に差し掛かっていますが、私はこの番組はこれからも進化し続けると思うんですよね。

というのも、10年たってもどんどん面白い企画が生まれ続けていて、いろんな切り口や角度があって。これからもっともっと面白くなるはずです。

私としては引き続き、スタジオは職人さんと豆助の邪魔をしないようにいたしますので(笑)、今後の「和風総本家」も楽しんでいただけたら幸いです。

https://news.walkerplus.com/article/112635/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス