最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ドクターX」最新シリーズの追加キャストに永山絢斗、陣内孝則、草刈正雄が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月12日(木)にスタートするドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:09)に永山絢斗、陣内孝則、草刈正雄の出演が決定。米倉涼子演じる未知子の前に立ちはだかる強力キャラを演じる。

最新シリーズでは、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が、“患者ファースト”を掲げる初の女性院長・志村まどか(大地真央)が誕生した日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で、新たな権力に立ち向かっていく。

永山が演じるのは、テンション低めな“ゆとり世代”の新米医師・西山直之で、外科医役は初となる。未知子のような周りと摩擦の多い生き方は御免だと思いながらも、その職人技に内心憧れる役どころだ。

「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝を演じるのは陣内。海老名敬(遠藤憲一)、鳥井高(段田安則)の2人が外科副部長を務めているが、この3人の中で猪又のズル賢さはずば抜けている。未知子とも、どんなふうに渡り合っていくのかに注目が集まる。

さらに、草刈が演じるのは、暗躍する医療界のトップで「日本医師倶楽部」会長・内神田景信。「東帝大学病院」の医局をかつての「権力一極集中」に戻すべく怪しい動きを見せるが、蛭間(西田敏行)でさえも恐れる内神田はどんな脅威となるのか!?

主演を務める米倉は、「永山くんとは初共演なので、これからお話をするのが楽しみですし、どんな“ゆとり世代の医師”を演じてくださるのか…とワクワクしています。陣内さんは相変わらずひょうきんな方! 院長室でのシーンが一段と面白くなりそうで、楽しみです。

草刈さんとも久々の共演ですが、あまりご一緒したことのないダンディーな方なので、ドキドキしちゃいます(笑)。今のところ一緒のシーンはほとんどないのですが、ゆくゆくは正面から対峙(たいじ)したいですね。内神田は真意の読めない怪人物ですから、あえて何も考えず、全力でぶつかっていきたいです」と、共演に大喜び。

初出演となる永山は、「実は、リアルタイムで『ドクターX』を見たことがなかったんです」と、驚きの告白を。そして、「見てみたら、とてつもなく面白くて! すごくハマってしまい、スペシャルも含めて全シリーズを一気に見ました。だからこそ逆に、この世界に自分が入っていく怖さがありました」と、人気シリーズへの出演に不安もあったよう。

そして、「今はまだ撮影が始まったばかりで、いっぱいいっぱいの状態ですけど(笑)、白衣や手術着がちゃんとなじむよう、そして大好きな『ドクターX』をさらに面白くできるよう、全力で頑張りたいと思います」と決意を新たにした。

米倉と「交渉人~THE NEGOTIATOR~」(2008年ほか、テレビ朝日系)以来の共演となる陣内は、「自信と輝きが増して、ますます綺麗になりましたね! 彼女の足をなるべく引っ張らないよう、そして調子に乗りすぎないよう(笑)、緩急をつけながら頑張りたいです」と撮影を心待ちにしているようだ。

そして「僕も自分自身の“透明感”を抑えながら(笑)、狡猾な猪又を全力で演じますので、注目していただけるとうれしいです」とアピールした。

さらに、米倉と9年ぶりの共演となる草刈は「大門先生には『私、失敗しないので』『いたしません』という決めぜりふがありますが、僕自身が普段よく口にする言葉は『おのおの抜かりなく』、そして『大博打の始まりじゃ』(笑)」と打ち明けると、「周りが喜んでくれるだろうなと思って、(『真田丸』[2016年、NHK総合ほか]で演じた)真田昌幸のセリフがついつい出てきちゃうんです(笑)。

内神田には今のところ決めゼリフはありませんが、ひょっとしたら途中で脚本家さんが考えてくださるかもしれないので、楽しみにしています」と期待を寄せる。

最後に米倉は「シリーズごとに新しい空気を吹き込んでくださる新キャストの皆さんには、いつも感謝しているんです。皆さんから刺激を受けながら、新たな化学反応を楽しんでいきたい!」と、あらためて意気込んだ。新キャスト参戦でますます何が起こるか分からない「ドクターX~外科医・大門未知子~」最新シリーズが今から待ちきれない!

■ 第1話(10月12日[木])あらすじ

絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無…。

偶然通りかかった“謎の女”の助けを借り、医師が1人で切り盛りする麓の病院へと運び込む。

その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)だった! 未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させるためのオペは不可能…。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

一方、「東帝大学病院」では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その「東帝大学病院」に、なぜか未知子が出現! 実は、まどかこそは先日出会った“謎の女”…。彼女は最新設備の整った「東帝大学病院」でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を「東帝大学病院」で雇うことまで決定する。

間もなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表し…!

その矢先、すし店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を「東帝大学病院」に搬送する。だが、これが“とんでもない事態”を招き寄せ…!?

https://news.walkerplus.com/article/121321/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス