最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

真木よう子「泥酔でドラマ撮影ドタキャン」報道に世間から総ツッコミ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もはや、ツイッターをやっていたこと自体が黒歴史?

9月7日、真木よう子主演のドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の第9話が放送され、当初よりも1話分短く「打ち切り」の形で最終回を迎えた。

真木といえば、同ドラマのスタート前からツイッターをスタートさせ、ドラマの視聴を土下座でお願いする動画を公開したりと、パンチが効いた投稿が多く、話題を集めていたが、それも今となってはただただ虚しいばかり。

「『セシルの──』の初回視聴率が2桁を記録したら、共演の金子ノブアキが脱ぐことを予告していたが、初回から5.1%と数字は振るわず。結局、低空飛行を貫き、全話の平均視聴率は4.4%でフィニッシュ。おまけに『コミケ騒動』で炎上し、ドラマの宣伝目的で始めたと見られるツイッターも8月29日にアカウントを削除。ドラマが最終回を迎える前にそそくさと撤退した形だ」(エンタメ誌ライター)

また、9月5日発売の「女性自身」には、真木についての続報も報じられた。

「女性自身では、ツイッターを削除した日には『セシルの──』の撮影も予定されていたのに、真木がドタキャン。理由は体調不良ということになっていましたが、どうやらお酒の飲み過ぎが原因で、とても撮影できるような状況ではなかったということです。でも、真木は、ツイッターでは、ボクシングの写真を引用して『何発打たれてもどんな重いのをくらっても、何度でも血を流しながらも立ち上がり、立ち向かっていく。その姿勢は格好いいです。例え負けても格好いいんです。私はそうゆう人間になりたい』なんてツイートもしていた。だから、お酒に逃げたくなる気持ちもわかるが、何とか最後まで立ち向かって欲しかったところですよ」(前出・エンタメ誌ライター)

ネット上では「一連のツイートがもはやネタに思えてくる」「意思が固い人だと思ってただけに残念」「カッコいいことばっかり言っといて、結局、逃げてるじゃねえかよ」といったドぎついコメントが多数見られている。

完璧にノックアウトされた形の真木。一度ゆっくりと休養をとって、何とか立ち上がり、次回作のリベンジに期待したいところだ。

(田中康)

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス