最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

次期iPhoneは購入すべき? それともリース?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらくスマートフォンを買い替えていない人は、そろそろ買い替えたいと思っているかもしれません。でも今、1番安いiPhone 7でも72800円(税別)と高価です。日本時間の9月13日にiPhone 8が発表される予定ですが、発売時の価格はかなり高いでしょう。

そこで質問です。数万円を出して即購入すべきでしょうか? それとも今後はリースという選択をすべきでしょうか? 「最新機種をどれだけ必要としているか」「どれくらい頻繁に旅行するか」「あるいはお金がどれだけあるか」などによって、購入すべきかリースにすべきか変わってきます。

海外にいく人と価格に敏感な人は「購入」


一見、購入することは当たり前に思えるかもしれません。新しいものを買えば、そのあとの2~3年の間は、日に日に不満がたまっていく今のスマートフォンに毎月数千円を払い続ける必要もなくなります。

もちろん、新しいスマートフォンに7万円以上使うというのは、毎年できることではありません。そのため、1度購入すると手放し難くなり、その機種を長く使うので、長期的には節約になります。

直営店なら、SIMフリーのデバイスを買えます。SIMフリーのスマートフォンなら、より簡単に世界各国で同じデバイスを使えるでしょう。国によって、SIMカードを替えてデータプランを選べばいいのです。

また、スマートフォンを所有するということは、いらなくなったら売れるということです。あるいは、中古デバイスとして誰かに譲ってもいいでしょう。まだ使える状態で傷やへこみがないなら、売るのは簡単です。現金やギフトカードと交換してもいいし、eBayなどのサイトで売ることもできます。スマートホームを使っている人なら、そのスマートフォンを家に置いておき、リモコンのように使うのもいいかもしれません。

スマートフォンを即座に購入する1番の利点は、次のスマートフォンを購入するまで別のものを買う必要がないこと。逆に、即購入する場合、何がイヤかといったらその金額です。

iPhoneに7万円? アンドロイドのデバイスに10万円? そこそこのノートパソコンが買える値段です。それだけ出せば、いろいろなことができるでしょう。私は、それだけのお金を1度に失いたくありません。

新しいもの好きは、リースがおすすめ


新しいスマートフォンに7万円も払えませんという人が多いと思いますが、そういう人にはリースという選択肢があります。今までの契約では、キャリアがスマートフォンのコストを月々の支払いに2年間にわたって上乗せしていました。初期費用はほとんどかからなくても、分割して支払っていたわけです。

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカには月々2000~3000円でリース契約できるプランがあります。リース契約にすれば、プランのコストとスマホ本体の費用を分けることができ、数年にわたる契約に縛られることはありません。

また、早期アップグレードプランとよばれるものがあります。これは、スマートフォンのリースに少し上乗せした金額を払えば、新機種か別のモデルにアップグレードできる特典のこと。約1年の間に必要な支払いを済ませている(もしくはスマートフォンの代金を全額払っている)ことが条件です。即購入するケースより、スマホに対して高い金額を払うことになるかもしれませんが、いつも新しいものに交換できるというメリットがあるので、お金に余裕があって新しいもの好きの人に向いているでしょう。日本では一部の大手キャリアがサービスを開始しています。

キャリアを通してスマートフォンをリースすると、より頻繁にデバイスをアップグレードできるので、好奇心あふれる人は考えてみる価値があるかもしれません。今までと違う機種を試してみてもいいでしょう。たとえばiPhoneを持っている人は、10万円近くも払わずにSamsungのGalaxy Note 8のようなアンドロイドのデバイスを試せます。もし、次のiPhoneが出てきたら、また交換すればいいのです。

Appleがアメリカで提供する「iPhone Upgrade Plan」は、iPhoneを毎年アップグレードできるようにするもので、包括的な修理プログラム「Applecare+」も含まれています。偶発的なダメージが対象で、割れた画面の修理など一般的なものは均一料金が適用されます。1年間の支払額は合計で約40000円(1番安いiPhone 7を選んだと仮定して)で、iPhone 7の本体価格の半分、しかも現在の機種に飽きたら新しいものと交換できます。

私は2~3年の遅れは気にしないので、スマートフォンは購入したいタイプです。でも今年のスマートフォンは高すぎて、このスタンスを考え直しています。結局は、財布から少し余分に払うことになるとしても。

Image: Hadrian/Shutterstock.com

Source: Apple(1, 2), eBay

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

外部リンク(ライフハッカー[日本版])

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス