最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ハッキリと「別れたい」と言ってこない彼、どう対処する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「彼は明らかにわたしと別れたいと思っているにもかかわらず、じぶんから『別れよう』と言ってきません。わたしから言うのも、なんとなくシャクに触るので、言いません。どうすればいいのでしょうか」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。



■ ■別れというのを、どのように考えているのか?

別れというのを、どのように考えているのか? というところが、まずポイントになるのではないかと思います。今の時代、若くない人々は「今の子は、簡単にくっついて、簡単に別れる」なんてことを言います。若い人を小馬鹿にしている言い方ともとれますが、まあ、すごく簡単に別れている人もいるわけで……。

別れというものを、「簡単に」とらえないで、「それなりに重たいこと」としてとらえるなら、別れに際して、人はその人の本性を出してくる、ということが言えると思います。

別れるとなったら、それまで非常におしとやかだったのに、急に暴れだして、どこでそんな言葉を覚えてきたの? と思えるくらいの暴言を吐き捨てる人がいます。反対に、この質問にあるように、ハッキリと別れようと言わない人もいます。究極の場面になると、ホントに人の本性がよく見えます。

**

この質問の彼は、別れようとハッキリ言わない、つまり、じぶんが相手を傷つけるのを避けたいと思っているきわめて優しい人か、きわめてズルい人なのか? といったところではないでしょうか? ズルいというのは、責任を回避しているという意味でズルい、ということです。

■ ■あなたはそういう彼の性格を「すでに知っていた」

でもまあ、彼がどのような本性の持ち主であろうと、あなたが愛した(愛している)人なわけだから、それはそれでいいんじゃないかと思います。究極の場面でズルさを見せる彼に対して、「こいつ、こんなにズルい性格だったのか」と、ガッカリする必要なんて、どこにもないということです。

別れようと言ってこないのを、彼の優しさ(優柔不断な性格)と解釈して、「こんな優柔不断な男だったなんて!」と、驚かなくてもいいということです。あなたはそういう彼の性格を「すでに知っていた」ととらえるべきでは? 知っていたけど、知らないふりをしていたじぶんがいた、と考えてみては?

**

別れに際して大切なことは、「彼がどういう態度に出てくるのか」ではなく、「あなたがどういう態度に出るのか」です。

あなたが彼と別れたいと思っているのであれば、彼の態度がどのようなものであれ、あなたがオトナの態度を見せるべき。つまり「別れましょう」と、ハッキリ言うことです。

だいたい今の世の中、別れに際して、ハッキリした態度を示さない男のほうが多いはずです。男って、仕事をしていても、みずから責任をとりそうにない人って、いっぱいいますでしょ? 多くは責任転嫁するか、見て見ぬふりをするか……場合によっては人事部に駆け込んで、問題を揉み消すヤツもいたり。

そんな男の「結論」なんか、待っていても日が暮れるだけで、あなたの人生にとって、なんの益もないのではないですか?(ひとみしょう/文筆家)
(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス