最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

北野武「落ち込んだ時代」救ったベネチア - ファンは安心とプレッシャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北野武監督の映画『アウトレイジ 最終章』(10月7日公開)が9日(日本時間10日未明)、第74回ベネチア国際映画祭を締めくくる「クロージング作品」として、世界最速で上映された。上映前後には記者会見が行われ、約150媒体ものマスコミが詰めかけた。

北野監督と森昌行プロデューサーが登壇した上映前の公式会見。作品の表現について話が及ぶと、「実は拳銃と一方的な暴力を除けば、現代社会の普通の企業の構造にかなり似ていて、私が演じた大友というヤクザも、古いタイプのサラリーマンであって、今の世の中では犠牲になる、というような話に言い換えることも出来ます」と説明。

さらに、「エンターテインメントとしてのバイオレンス映画として考えると、古いヤクザの抗争を描くのは面白いなと思います」と独自の解釈を交え、「『アウトレイジ ビヨンド』という2番目の映画の脚本を書いた時に、3本で絶対終わるというような脚本を同時に書いていったんです」と制作秘話も明かした。

また、「ダメな監督と言われたり、体を壊したこともあり、日本のエンターテインメントでは"もう終わった人"というような記事を書かれたり噂もあったり、一番自分のキャリアの中で落ち込んでいた時代があった。でもその後、ベネチア国際映画祭で立派な賞をいただいたことで、一気にエンターテイナーとしての地位に戻ることができた」という告白も。「自分のキャリアの中では、ベネチアは絶対に欠かせない自分の芸能生活の1つのエポック、事件で、いつも感謝しています」と同映画祭への思いを伝えた。

その後のレッドカーペットでは、映画祭最終日にも関わらず多くの観客が集まった。熱狂の中で迎え入れられた北野監督は、自らファンのもとに駆け寄り、写真撮影やサインに応じてベネチアの人々との交流を楽しんでいた。

クロージング上映後、観客は2階席に座る北野監督に向けてスタンディングオベーション。北野監督はその歓声に応えるように立ち上がって笑顔で手を振り、立ち去った後の数分間も拍手喝采が場内に響きわたっていたという。

その後の会見では、「やっぱり映画って初公開するっていうのはどこの映画祭でも緊張する」と本音を吐露し、「(監督の)ファンクラブがあって、顔見知りがいたり、そういう安心もあって、ありがたいけどプレッシャーにもなっている。自分の中では賞をもらったのがここベネチアでもあるし、この映画祭はちょっと違った意味はある」と感慨深げ。

前日に約60人の海外メディア記者を相手に受けた取材を「かなりみんな好意的なのでほっとした」と振り返り、「映画祭に呼ばれるくらいの価値はあるんじゃないかなと自負している」と手応えをうかがわせていた。

(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会 (C)Kazuko Wakayama

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス