最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

約75%が「この人…いい年かも」と手で判断!? 手タレ直伝の本格ケア術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夏も終わり、乾燥の気になる季節はもうすぐそこ! 顔はもちろんですが、手や指先のかさつきも気になりますよね。

マーケティング会社のパシフィック・コミュニケーションズが20~39歳の女性226名に行った調査によると、他人の肌の衰えを感じるパーツとして“手と指先”を挙げる人が約75%も!

よく“いくら若作りしていても、手を見れば年齢がわかる“と言われますが、手を美しく保つには、どんなケアが効果的なのでしょうか? 有名化粧品メーカーのCMや広告ビジュアルのモデルを務めるハンドモデル2名が実際に行っていることを、パシフィック・コミュニケーションズのインタビューよりご紹介します。

手洗い後は毎回!保湿はこまめに




会社勤めをしながらハンドモデルを務める森迫二葉さん(写真右)は、デスクの引き出しに小さなボトルに入れた化粧水、ハンドクリーム、ネイルオイルを常備しているそう。手を洗ったあとは化粧水で肌を整え、油分で蓋をする意味でクリームを塗っているのだとか。

モデル仲間から貪欲にスキンケア情報を仕入れているという米山真央さん(写真左)は、リップクリームと兼用できるタイプの保湿アイテムを愛用中。実際に使用しているアイテムとして、ママバター『フェイス&ボディクリーム』(25g/1200円<税抜き>)とルーカスポーポー『ルーカスポーポーオイントメント』(25g/参考商品)を挙げています。「バーム的な固さがある分、保湿時間も長い気がします」とのこと。

尿素入りクリームでスペシャルヘア




保湿だけでなく、古い角質がたまらないようにケアすることも重要です。

角質を取り除くというとゴマージュやスクラブが思い浮かびますが、米山さんは「皮膚表面を傷つけることは、回数を重ねると肌の黒ずみにつながるので避けています」と語ります。

ナチュラルなターンオーバーをさせるために使っているのは、尿素入りのクリーム。乾燥が気になる季節は2~3日に1回、夜に使用。夏は、週1回くらいの頻度で、寝る前に塗っているそうです。

森迫さんも、「尿素が肌荒れ改善の効果が高いということは、ハンドモデルの多くが知っていることです」と太鼓判。撮影数日前に手肌のコンディションが心配なときなどに、尿素入りクリームをケアとして取り入れているのだそう。また、尿素濃度が低めのハンドクリームは日常使いすることも。



尿素入りのクリームには、(写真左から3点)興和『ケラチナミンコーワ アロマハンドクリーム』(30g/オープン価格)、興和『ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム』(60g/1,500円<税抜き>、150g/2,000円<税抜き>)があります。

就寝時の手袋は100円ショップのものでもOK




多くのハンドモデルが取り入れているケアが、就寝中の手袋。手をひっかくなど物理的な傷を防ぎ、寝る前に塗ったクリームのなじみがよくなります。

どんな素材を選ぶかはモデルによってさまざま。米山さんは、肌と接したときの摩擦が少ないシルクの手袋を愛用(写真)、1000円ほどのものだそうです。

一方の森迫さんが使っているのは、100円ショップのもの。綿素材で常に洗ってある清潔なものを、靴下感覚で使っているそうです。

寝る直前は、クリームを使って黒ずみやすい関節をマッサージ。手のひらよりも肌が乾きやすい指の甲皮に重点的にクリームを塗布して手袋をします。

軽めのケアの日は花王『ニベアクリーム』のシンプルなクリーム、手の角質の厚さやかさつきを感じたときは尿素入りの『ケラチナミン』にするといったように切り替えて使用しているそうです。

爪も忘れずに!オススメケアアイテム




森迫さんによると、爪の表面や周りが白いと老けて見えるそう。また、血行が悪いと“手グマ”(指先や爪周りがピンクではない状態)になるため、ネイルオイルを使用して指の節から指先までよく揉むマッサージを行うんだとか。ネイルオイルはDr.Nailの『デイケアオイル』(6ml/オープン価格)を使用。マニキュアの刷毛のようなものではなくチップタイプなので、見逃しがちな爪の裏の乾燥も防げてオススメだとか。

忙しく仕事や家事をしていると、手と指先のケアはつい忘れがち。今回ご紹介したアイテムを使う習慣をつけて、すべすべの手をキープしましょう。(※ 価格は全て編集部調べです)


外部リンク(美レンジャー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス