最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『ケイゾク』から『警視庁いきもの係』へ、渡部篤郎に覚える「どうしてこうなった?」感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。本作が放送されていたフジテレビ系日曜午後9時枠のドラマは、『警視庁いきもの係』を最後に終了する。同じ時間帯に放送されているTBS系「日曜劇場」との差別化を図り、母親と子どもが楽しめるようなファミリー向けドラマを模索していたが、なかなか定着せずに低視聴率が続いていたのが原因だろう。

この『警視庁いきもの係』も、動物にまつわる事件を捜査する刑事ドラマという、緩い作りのドラマだ。そのため、あまり期待せずに敗戦処理を見守るような気持ちで何となく見ていたが、緩い作りだからこそ、主演の渡部篤郎と橋本環奈の魅力を引き出すことに成功していた。また、ちょっと毒のある笑いを入れてくる点も面白かった。

例えば第7話で、でんでん演じる警察OBが「熱帯魚に詳しいよ」と口にする。映画『冷たい熱帯魚』で、でんでんが熱帯魚のショップを経営する凶悪殺人鬼を演じていたことを思えば、ブラックなギャグである。また、第9話で突然、「アッサークラ」という旅館の従業員が出てきた時は思わず笑ってしまった。アサクラとは、渡部の出世作となった刑事ドラマ『ケイゾク』(TBS系)に登場する猟奇殺人犯の名前で、本作に『ケイゾク』が接続されたような奇妙な味わいを感じた。ご丁寧に渡部が「アサクラ」と言う瞬間に『ケイゾク』の劇伴に似た音楽まで流していた。

もちろん、これらは本編と関係ないが、こういう軽いノリのドラマで『冷たい熱帯魚』や『ケイゾク』をネタにするセンスは悪くない。もしもこのチームが違う場所でドラマを作ったら、また見たいと思うくらいの爪痕は残したと言えよう。

それにしても『ケイゾク』の頃の渡部を知っていると、こんなに緩いドラマに出ていること自体が驚きである。「アサクラ」と連呼する渡部を見ながら、「どうしてこうなった?」と、考え込んでしまった。

 『ケイゾク』の功罪


 90年代の渡部には圧倒的なカリスマ性があった。俳優としては伊丹十三の映画『静かな生活』で高い評価を得ていたが、世の中が渡部を認知したのは、バラエティ番組に出演する人気モデル・RIKACOの年下の旦那としてだった。テレビドラマでは、1997年に放送された高岡早紀主演のドラマ『ストーカー逃げきれぬ愛』(日本テレビ系)で注目され、ストーカー役の演技が不気味で気持ち悪かったことから、ヤバい俳優が出ていると話題になった。

当時から渡部の演技は間合いの取り方が独特で、自然体と言えば自然体だが、ほかの俳優の演技と比べると明らかに異質だった。当時すでに30代間近にもかかわらず、顔が童顔で少年の面影があり、年齢とのギャップが独自のカリスマ性につながっていた。

そんな渡部の異常性は、99年の『ケイゾク』で狂い咲く。中谷美紀の出世作としても知られる『ケイゾク』は、1話完結のミステリーテイストの刑事ドラマだ。しかし話が進むにつれ劇中の謎が膨らんでいき、先が読めないカルトドラマとして熱狂的な支持者を生み出し、チーフ演出・堤幸彦の、ギャグだかシリアスだかわからない尖った演出は、渡部の芝居をより逸脱させていった。堤の演出は、『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)の窪塚洋介をはじめ、俳優の演技を先鋭化させるのだ。

しかしそれは諸刃の剣で、堤によって開眼させられた俳優の多くはその後、俳優として壊れてしまい、まともな芝居ができなくなる。渡部も同様で、堤がチーフ演出を務めた連続ドラマ『愛なんていらねぇよ、夏』(同)で再び主演を務めた時の演技は、明らかにやりすぎだった。今作以降、渡部の演技に対して「ちょっと違うんじゃないか?」という空気が世の中に生まれてしまったように思う。

 枯れることができない渡部


 その後の渡部は、年齢を重ねるとともに演じる役の幅も広がり、演技も抑え気味になり、それと同時に、しょぼくれたおじさんを演じることも増え、いつの間にか“安く”使われる俳優となっていった。dTV・FODで配信されていた野島伸司・脚本のドラマ『パパ活』(2017)で演じたフランス文学の教授は、『ケイゾク』の頃の渡部を彷彿とさせる深みのある役だったが、これは例外であり、今の渡部に求められている役は“軽い芝居”である。

それ自体は悪いことではない。舘ひろしや柴田恭兵を筆頭に、昔はカッコよさで売っていた今で言うイケメン俳優が、一度、その座を降りて紆余曲折したのちに、枯れた愛嬌のあるおじさん俳優になることは多い。おそらく、最終的に渡部が着地するのは、このポジションだろう。

だからこそ、さまざまな役を現在演じているのだと思うが、顔が幼いためか、まだ微妙な違和感が残っている。『警視庁いきもの係』も軽くこなしているように見えて、時々『ケイゾク』の頃の尖がっていた渡部が見え隠れする。もしかしたら本人は、まだまだ枯れるつもりはなく、その葛藤が違和感としてにじみ出ているのかもしれない。
(成馬零一)

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス