最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【3COINS】アイカラーは150円から! 「スリーコインズ」“カラーコスメ”おすすめ3品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気軽に楽しめる、かわいい雑貨が揃う3COINS(スリーコインズ)。生活雑貨だけでなくバッグやアクセサリーなどもトレンド感があり、さらに店内にあるほぼすべての製品が300円という価格も魅力です。

この夏はスポーツサンダル(500円)や浮き輪などもデザインとコスパで、「使える~!」と話題でした。たまにしか使わないアイテムや季節商品はお手頃価格だと嬉しいですね。

そんな3COINSにはコスメもあります。『MAGIC CLOSET』は昨年も発売されていますが、今年のバージョンは2017年5月から発売になっています。ファンデからカラーコスメまでフルに揃うメイクアップシリーズです。

今回は、3COINSの『MAGIC CLOSET』から3品をレビューしていきます!

■カラーコスメがたくさん!3COINSの『MAGIC CLOSET』

注目はアイカラー単色が12色もあり、一つ150円です。3色入りは6種類あり、こちらは300円。チークもパウダーとクリームの二つのテクスチャーがあり7種揃います。

口紅系はマットリップグロスが4色、リップグロスが5色、リップスティックが4色揃っています。リップ系は可愛い系の色味が多いよう。

さらにファンデーション、アイブロウ、アイライナー、マスカラ、カラーマスカラと豊富なラインナップ!

■150円なのに発色も色合いもgood!

一つ目は「MCアイシャドウ」のイエローです。ファッションでもトレンドの黄色ですが、カラーコスメで黄色はなかなかない色。しかも肌なじみの良い優しい黄色で、まぶたも腫れぼったく見えません。

まぶたにふわっとのせてもいいですし、二重のラインに太めのアイライナーのように使ってもキレイです。

単色のアイシャドウは150円とかなりお買い得で、個性的なカラーからベーシックなものまであります。まぶた全体に使えるものやネイビーや濃茶などライン使いに向いているものもあり、用途に合わせて選べます。

最初に良いと思ったのはピンクとブラウンの中間のようなモーブカラー。店員さんに探してもらいましたが、こちらは売り切れとのことで、残念!

モーブの方は一色でまぶたが可愛くなる使いやすいカラー。人気色のようですので、見つけられた方はぜひトライ!

■自分の肌に合わせて選べるチーク

3COINSのカラーコスメは発色がキレイなのも長所です。見たままの色がそのまま出て、肌の上でもくすみがでません。

パッと見た時にキレイな色だと思ったのがチークの301。淡いオレンジピンクで濃い肌色のようなパウダーチークなのですが、薄くつけると自然に可愛らしい感じの肌に仕上げてくれます。

これを薄めにアイカラーにものせると、ヘルシーな印象のワントーンメイクに。

目尻の方にブラシに余ったチークをさっと塗って馴染ませましょう。顔全体を明るく、優しい雰囲気にしてくれます。オフィスでも浮かない好感度の高い大人メイクです。

口元はトレンド感のあるマットなオレンジリップにも好相性。

このチークは発色が良いので、あまりつけ過ぎないように少量を肌にのせて見て、重ねるように着けていきます。

■ラメが可愛いリップグロス

小さなラメがキラキラと光るリップグロス。ラメのコスメが旬なので、あえてラメ感がでる乳白色のNUDEを選んでみました。ちょうどヴァセリンのロージーリップスのような甘いチェリーのような香りです。

唇にのせるとラメ感はそれほど強くないですが、よく見るとキラキラと繊細なラメが光っているのがわかります。

通常、色味のないグロスは口紅の上に重ねて塗る使い方が多いと思いますが、このラメ感を生かすには、リップクリーム(下地)の上に、このラメグロスのみという方がグロスの良さが活かせます。

グロスといってもテカテカするわけではなく、唇の色と反応してふわっとしたキレイな淡いピンク色に。さらに微細なラメの効果で幾分唇が立体的にみえます。しかも取れにくく持ちが良い感触です。

■まとめ

ベーシックメイクから休日用のトレンド感あるメイクまで揃う3COINSのコスメ。お手軽な上、特にアイカラーやチークは良い色が揃っていて、今回試してみたカラーアイテムだけでも肌馴染みがよくて浮いてみえない、発色が良いものでした。

店頭でタッチ&トライができるので、気になったら試してみてくださいね。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス