最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

次週は山Pが生き埋めに? 身内の不幸相次ぐ『コード・ブルー』に疑問も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

山下智久、新垣結衣など豪華キャストが多数出演するドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。

当サイトでもすでに昨日11日に放送された第9話のレビューを掲載。藤川(浅利陽介)の死亡フラグについての反応を取り上げたが、最終話ではまさかのあの人物にも不幸が訪れることになりそうだ。

■ラスト1分の衝撃…藍沢が下敷きに?


開通間近の地下鉄のイベントで崩落事故が発生し、ドクターヘリ要請が入る。現場に行くと、重傷者は地上にあげられず、地下に降りて診察することに。

だが、恐れていた事態が。藍沢(山下)が地下水のようなものが天井からにじみ出ていることを白石に無線で報告した直後、地震のような大きな揺れが現場を襲ったのだ。

次のカットで写ったのは、崩落した土砂の下敷きになった藍沢の右腕。安否はわからないが、生き埋めになったものと思われる。

その後、「私の大好きなチームは、バラバラになってしまった……」という白石の語りで、第9話は終わることに。本編後に流れた予告でも「今、消えかけている命の炎」「彼を救う、術はあるか。」との文言が並び、感動の最終話を予感させる演出だった。

■冴島、緋山に続き…相次ぐ不幸に非難の声も


来る最終話の前置きとして相応しい、驚きの展開が見られた第9話。しかし、視聴者の中には不満を持つ人も少なくないよう。というのも、本シーズンで「身内の不幸」が描かれるのは、これが初めてではないからだ。

むしろ、冴島(比嘉愛未)の毒物汚染・流産、緋山(戸田恵梨香)の感染症疑惑に続き、3人目と結構な確率。(次週、藤川がリアルに死の危険に瀕せば4人目?)

この結果、肝心の驚きが薄れてしまった模様で、ツイッター上では「ここまでフェローに不幸が相次ぐなんてないでしょ」「無理やり感がすごい」など、疑問の声が多くあがることに。












■『コナンほどでは…」と謎の擁護も


一方、「コナンほどではない」と謎の擁護をする人もちらほら見られることに。






■でも結局、内容次第?


とはいえ、第八話で緋山に感染症の疑いが持ち上がった話では、白石との友情を描くことで、視聴者を大感動させることに。第一話から同居生活を送るなど、たくさん張られた伏線を見事に回収した傑作回だった。

身内の不幸を描いたとしても、最終的な評価は内容次第だろう。PTSDでヘリに乗れなくなった灰谷(成田凌)や、ミスを父親に糾弾されて投げやりになっている名取(有岡大貴)らが、活躍してくれることを願いたい。

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい⇒『コード・ブルー』藤川は最終回で死ぬ? フラグ乱立に視聴者動揺

(文/しらべぇドラマ班・尾道えぐ美 イラスト/ミキシマ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス