最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

水木しげるさん“10年前”の姿 当時の言葉に感慨「日々の指針です」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などの作品で知られる漫画家・水木しげるさんが2015年11月30日にあの世に旅だってからやがて2年となる。スタッフによる『水木プロダクション(mizukipro)ツイッター』で9月11日、「10年ほど前水木がこれを描いた時の写真が出てきました」と元気だった時の姿を公開した。

水木さんが手にしているのは『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男のイラストに「好きなことをやりなさい」と記したものだ。2016年1月31日に行われた『水木しげるサン お別れの会』では、そのイラストと言葉が入ったハガキが配られた。

お別れの会に参列した声優の大本眞基子は当時、オフィシャルブログ『ホース&ハトック ∞ -無限大-』で「“好きなことをやりなさい”という水木先生の言葉入りのハガキを帰りに頂きました」「私にとって、子供の頃から一番いてくれて救われた作家さんでした。見えない世界はある、と初めて肯定してくれた大人。自分は変じゃないんだと安心しました」と振り返りつつ偲んでいた。

スタッフは「徳間書店のハイパーホビー+に掲載された」というその写真を見つけ「この時は当然ながら、この絵が水木の“お別れ会”で配るハガキになるとは誰も思わなかった…」と涙する。フォロワーも「水木しげる先生は、100歳を超えると思っておりましたが、残念です」と感じ入った。

それでも水木さんの言葉が入ったハガキは今でも多くの人々を励ましている。「机の上に大切に飾っていて、いつでもたくさんの励ましをもらっています…!」「額に入れて職場の机の上に飾っています。仕事で行き詰まって判断に悩んだ時に見て、先生からアドバイス頂いています」「私も大事にとってあります。水木先生はず~と私のヒーローです」と宝のように扱っているのだ。

なかには落ち込んだ時に救われ「先生の言葉と周りの方のフォローで、今好きな事を仕事にし、働く事が出来てます」や「このお言葉が日々の指針です!」という人も見受けられる。今回の投稿でさらに多くの人が元気づけられることだろう。

画像は『水木プロダクション 2017年9月11日付Twitter「10年ほど前水木がこれを描いた時の写真が出てきました。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス