最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

福山雅治、自分の声が嫌いだったと告白!同世代のあのアーティストに嫉妬も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

9月10日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)に福山雅治が登場し、歌手としての一面がクローズアップされ、福山が抱えているコンプレックスなどその知られざる胸中が明かされた。

ネガティブ思考の塊!?福山が思う自分自身とは


番組冒頭、歌手・福山の魅力として「低音の声」が紹介され、音楽プロデューサーの本間昭光は「(福山は)自分の声を熟知している。今のリスナーのほとんどがイヤホンで音を聴くことを想定して、どれだけ耳元で響く声かを意識して歌っているのではないか」と分析。これに対し福山はボソっと「バレましたね」と言い、笑いが起こる。

ところが、ゲストであるハライチの澤部佑が「自分の声は好きですか?」と聞くと、福山は「最初は好きじゃなかった。僕の声はヒット曲、ロックに向いてないと思ってたんです」と意外な返答。そして「この声を生かしてどうやったらいい歌を作れるか、今でも考えてます」と補足し、スタジオからは感心の声が漏れた。

さらに本間がVTRで「常に緊張感を持続させながら音楽活動をしている印象を受けてて、その秘訣を聞きたい」と質問すると、福山は意外な自己分析を披露する。

「曲作ったり、詞を書いたりしてるときはすごくしんどいなって思ってるんです。仕事が進まないと、自分才能無いなって、すごくネガティブな感情になるんですね。歌手活動は、何か一つに秀でてるわけじゃなく、作詞や作曲も手掛けて、足りないものを補う作業でした。歌だけじゃ音楽やっていけないというのを本能的に気づいてたのかもしれませんね」と話した。

これに対し、ゲストの宮澤エマは思わず「シビア……」と漏らし、古田新太は「ネガティブになることも大切なんだよね。コンプレクッスやネガティブな心を何とかしてくれるのがアートだったりするわけじゃない」と分析した。

さらに福山は、気になる歌手も明かし「同世代の槇原敬之さんは凄まじい才能があって、曲も詞もすごいし、ずっと嫉妬の対象ですね」と意外な告白。「今までこんなの言ったことないですよ」とも付け加え、関ジャニ∞メンバーらスタジオ陣は驚いていた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス