最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

9.11米同時多発テロから16年…事件は風化してしまったのか?【NY現地リポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2001年9月11日に3千人以上の犠牲者を出した米同時多発テロ(以下9.11)。あの惨劇から16年の月日が経った2017年9月11日。事件の現場となり、犠牲者の家族を中心に追悼セレモニーが行われているグラウンド・ゼロを訪れた。

あの日、世界の中心とも呼ばれていた貿易センタービルがいとも簡単に崩れ落ちる姿は、どこか映画のような非現実な光景に見えた。あれから16年……事件は風化してしまったのか。街の人々の様子はどうなのだろうか。この目で確かめたかったのである。

今回は、その後の世界の混乱の大きなきっかけとなった9.11の追悼の現場と周辺の様子を現地ニューヨークからリポートする。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1394058

◆9.11の現場となった周辺の様子とは【NY現地リポート】

9月11日、ニューヨーク時間の朝8時46分。号令のかけ声と共に付近に緊張した空気が張りつめ、正装した消防士たちが一斉に敬礼し、犠牲者に黙祷を捧げた。

黙祷は航空機が衝突した時間の2回、ビルが倒壊した時間の2回の計4回行われた。なお9.11では、救助にあたった343人の消防士が死亡したことから、多くの消防士が追悼に集まっていた。

倒壊した世界貿易センター跡地(グラウンド・ゼロ)には犠牲者の家族など限られた人しか入ることが許されず、一般人は遠くから黙祷を捧げた。グラウンド・ゼロのすぐ隣には倒壊したビルと同じ名前がつけられた“ワン・ワールドトレードセンター”という世界で6番目に高いビル(541m)がそびえたつ。「テロに屈しない」というアメリカの威信を見せつけるかのようだ。

普段のグラウンド・ゼロ。水の流れ落ちる中心の穴は底が見えず、吸い込まれそうな不安な気持ちを覚える。穴は巨大で、崩壊したビルの不在を強調していた。

また、グラウンド・ゼロの周りには犠牲者の名前が全員分彫られており、犠牲者の知り合い達が花を供えたり、手で名前をなぞったりしていた。

グラウンド・ゼロにほど近いトリニティ教会では追悼ミサが行われていた。祈りが捧げられると、人々の表情は悲しみに満ちていた。

テロを警戒し、グラウンド・ゼロの周囲は厳重に警備されている。犠牲者の家族以外は容易に近づくことはできない。

とはいえ、警備にあたる警察は武装こそしているが、事件から16年という長い月日が流れたせいか、緊張感はあまりなくリラックスした雰囲気も感じられた。

犠牲となった消防士を追悼した記念碑。2機目の航空機が突入した瞬間を描いており、追悼に訪れた人の多くが食い入る様に見つめていた。

事件後に新しく建てられたショッピングモール「オキュラス」。毎年9.11を迎えると天窓が開き、天井からワンワールドトレードセンターを見ることができる。

路上には、「9.11はアメリカ政府による自作自演の偽旗作戦(敵になりすまし行動して、結果の責任を相手になすりつける行為)だった」と主張するグループも。現場の消防士がビル倒壊前に爆発物を目撃していたり、ビルの倒壊速度が速すぎたりすることを理由に、9.11の再検証を通行人に求めていた。

さらには、9.11陰謀論を主張する男性の姿も見受けられた。通りを歩く人々に対して、彼はチラシを配りながら「真実を求めよう」としきりに訴えていた。

海上から見たニューヨーク。ひときわ高くそびえ立つワンワールドトレードセンターが見てとれる。崩壊した世界貿易センタービルは高さ528mとワンワールドトレードセンターとほぼ同じ高さ。このサイズのビル2棟が数時間で消えてなくなった事実に、事件の規模の大きさと、非現実感を覚えた。

◆私たちは9.11を忘れてはならない

思い返せば、記者がまだ中学生だった頃。テレビをつけた途端、目に飛び込んできたのは映画さながらの惨劇だった。どこか非現実的に思えたことを今でも覚えている。そこから社会問題に意識を向けるようになったことから、この出来事が自分の原点とも言えるのだ。

実際に現地を訪れてみて、事件から16年という年月が経った今でもニューヨークという街全体で犠牲者を追悼し、祈りを捧げている姿が印象的だった。追悼に集まった遺族たちは落ち着いた様子。

私たちは9.11を忘れてはならない。とはいえ、過ぎ去った時が少しでも彼らの悲しみを癒していることを願わずにはいられなかった。

<取材・撮影・文/沢田泰造>


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス