最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

千原ジュニアが“濃過ぎる”面々との談議で時事を斬る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ハートネットTV」(毎週月~木曜夜8:00-8:29、NHK Eテレ)は、さまざま問題を取り上げる新しいスタイルの福祉番組。9月13日(水)には、千原ジュニアが時事問題について議論をする「B面談義」の第2弾が放送される。今回のコメンテーターは、全盲の弁護士・大胡田誠氏や同性愛を公言している弁護士・南和行氏らで、ナレーションは声優の三ツ矢雄二が務める。そんなキャラが濃過ぎる人々と共に、MCの千原は「不倫問題」「トランプ発言」などを少し違った視点から取り上げる。収録を終えた千原にインタビューを敢行し、番組の感想や今後の展望を語ってもらった。

――最初のオファーが来た時にはどう感じましたか?

最初に普通に「障がい者の人だから…」って身構えて見るんじゃなくて、ガンガンツッコんで、ガンガンいじってほしくてっていうことを言っていただいて。制作者の意向をどこまでくみ取れているかは分かりませんけど、そんなふうにやっています。

――コメンテーターの方々と議論をしてみてどのように感じましたか?

僕たちには見えるから見えてないものがあるので、やっぱり目線が違うというか。僕らは普段見えない世界から見える景色があるので面白いですね。

――特に印象的だった発言はどんなものですか?

今回、「2.5次元舞台」が人気という話題があったんですが、その時に、目が見えない人にはそもそも2次元がないという発言があったんですね。3次元にしか生きていなくて、触れられるものしか信じないっていう。で、道に迷った時には逆に自分を「2.5次元」に落とし込んで、「これはゲームのミッションで、この迷路からどうやって脱出するんだ?」って考えて、ちょっとポジティブな遊び心を持って日々生活しているとかって。それは目の見えない人からしか聞けない意見やなと思いましたね。

――取り上げたテーマの中で印象深かったものはどれでしたか?

「不倫」は面白かったですね。みんなの切り口が違くて。例えば目の見えない人はワイシャツに口紅や長い髪の毛がついてても気付かないから、バレるのが怖くて仕方がなくて不倫ができないっていう意見を聞いて、そりゃそうやなと思いましたね。

――他にも取り上げてみたいテーマはありますか?

社会的に問題になっていることもいいんですけど、普通の番組では取り上げないような町のしょーもないニュースとか面白いかもしれないですね。前回やった時に、「電気代上がったけどどうしよう?」みたいなテーマがあったんですけど、目の見えない人は電気つけないから影響ないって言ってて、目からうろこだったんです。そういうのがしゃべれたらいいですよね。

――今後どのように展開していきたいですか?

初回は皆さん初対面で、そのバックボーンを知ることで精いっぱいだったんです。でも今回はすごくやりやすかったので、回を重ねるごとに面白くなっていきそうな番組やと思ってます。今後は…そうですね、スタジオでずっとやってきたからいつかロケで“街ぶら”してみたいですね。

芸人、タレントがやっている街ぶらとは全く違うものが見えてくるでしょうし。前に聞いたのは、おしゃれな服買いに行きたいけど、服屋さんって“おしゃれな段差”があるところが多いんですって。だから入れないっていう。

“おしゃれな段差”ほどダサいことないんちゃうかって。そういうこと僕らは気付かなかったりするから。あとは、料理とかしてみて器具のよくできている部分や、改善できるところを考えたりしたいですね。

――最後に、見どころを教えてください!

障がい者の人は、みんな心がきれいっていうふうに妖精化していたりするけど、そうじゃないよっていうところですかね。障がい者も性欲強い人は強いし。薄い人は薄いやろうしね。

https://news.walkerplus.com/article/120504/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス