最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鈴木亮平 朝ドラで共演の犬と奇跡の再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木亮平が11日、アメブロオフィシャルブログを更新。自身が出演するCMの撮影現場で2014年に放送されたNHK連続テレビ小説『花子とアン』で共演した“村岡家の愛犬・テル”と再会したことを報告し、撮影オフショットを公開。ファンからも「感動~(*^^*)」「素敵すぎるエピソード!」「運命の再会」「なんというご縁」「テルに注目してしまいそう笑」「テルちゃん!おかえりぃ」「嬉しすぎるツーショット」と反響を呼んでいる。
suzuki2
東京・新国立劇場で1年半ぶりの主演舞台「トロイ戦争は起こらない」(10月5日初日)に立つ鈴木。日々稽古に励む中この日「新しいCM」と題して更新されたアメブロは、「僕が出演している新しいCMたちが放送開始になっておりますよ!」と新CM出演を改めてファンへ報告。
まずは「もうすでに見かけた方も多いかもしれません。キリン『新・一番搾り』!いいでしょうこのCM(笑) 見ているだけで僕も一番搾りが飲みたくなってきます。」と綴ると、「ここのお蕎麦は本当にめちゃめちゃ美味しくて感動しました!」とお蕎麦を食べようと“キリっ”と決め顔オフショットなど公開。
そして同日より、ニチレイの『焼おにぎり10個入「ドンドンいける」篇』もOA開始。「こちらのCM、よく見ると画面左下の方にかわいい犬が一頭いるのですが。」と前置きをすると、「実はこの子…『花子とアン』で僕(英治)が拾ってきたあの子犬(テル)なんですって!!テル~~! 聞いたときはビックリ!」と、“村岡家の愛犬・テル”との再会に喜び2ショットも披露している。
「『こいつ!昭和からタイムスリップしてきたな!』という驚きと『大きくなったなぁ』という感動で、なんだかとても不思議な気持ちになりました。ドラマでは大きくなったテルには軍用犬として徴用されるという悲しい運命が待ち受けていただけに、余計に嬉しかったです。」と感慨深い様子だ。
“村岡家の愛犬・テル”は村岡英治(鈴木)・花子(吉高由里子)夫妻の養女となった長女・美里(岩崎未来)が大層可愛がっていたという村岡家のアイドル的存在の愛犬。
ファンから「亮平さん、浴衣似合う」「テルちゃんの成長も見られて良かったですね!」「凛々しい顔になって、数年経て共演するなんて嬉しいですね。」「亮平さんが食べると美味しそうだし、爽やかな感じがとてもいい」「感動~(*^^*)」「亮平さんの俳優としてのさらなる成功を、ワンちゃんも応援してくれてるんですね。素敵なご縁に感動」「テル抱きよせとる亮平さんの、ごったまし太か腕に思わずよだれが…(笑)」「大きな腕もス・テ・キ❗️」などのコメントも寄せられている。
鈴木は来年1月7日スタートのNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜午後8時)で主演を務める。同ドラマは、薩摩藩の下級武士の長男に生まれ、2度の島流し、3度の結婚を経験し、幕末志士の一人として「勇気と実行力」で時代を切り開いた男。明治維新の立役者でありながら、最期は新政府との戦いに散った西郷隆盛の生涯を描く。鈴木は、西郷隆盛の18歳から死没する49歳までを演じる。

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス