最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

TVアニメ『フレームアームズ・ガール』京まふに初出展、限定商品を先行販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コトブキヤのオリジナルプラモデルシリーズが原作で2017年4月から6月にかけて放送されたTVアニメ『フレームアームズ・ガール』が、「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2017」(9月16日から17日に京都みやこめっせにて開催)に初出展することがわかった。

出展に際して、京まふ用に描きおろされた主人公・源内あおと轟雷の浴衣姿のビジュアルも公開。イベントでは、このイラストを使用した限定商品を先行販売するほか、撮影コーナーやアニメ資料、プラモデル、フィギュアなどの関連商品の展示も行う。

また、アニメ劇中にも登場した東京・立川市の公認なりそこねキャラクター・ウドラの着ぐるみ撮影会も実施。さらに17日の13時からは、Blu-ray収録のアニメ第1話の特別上映をロームシアター京都にて実施する。京まふは9時から17時まで開催、チケットは前売り券が1,200円で、当日券は1,500円(いずれも税込)となる。

「フレームアームズ・ガール(FA:G)」は、コトブキヤが展開するオリジナルロボットプラモデル「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ。柳瀬敬之氏によるデザインの「フレームアームズ」を、『ガールズ&パンツァー』でキャラクター原案を担当した島田フミカネ氏が美少女化したイラストをもとに立体化して始まった。アニメでは女子高生・あお(CV.日笠陽子)が、小型ロボット・轟雷(CV.佳穂成美)が入った小包を受け取りバイト感覚でバトルテストに挑んでいく様子が描かれた。

(C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス